飛行機が運休になったら返金の対応はしてもらえる!

飛行機

急な路線廃止などで飛行機が運休になってしまったら

困りますよね。

そんな時は基本的の返金の対応はしてもらえます。

 

ここでは急な飛行機の運休での対応と返金について紹介します。

スポンサードリンク

飛行機の運休時の返金は対応してもらえる

飛行機の運休の場合は返金の対応をしてもらえます。

ただし、運休の場合はその路線が飛ばないということになります。

欠航と運休の違い・・・

台風の時に〇〇便は欠航となります。

なんてニュースでみますよね。

台風の場合や航空機の不具合などで欠航になる場合は

その便が飛ばないというだけで

その路線は自体がなくなるわけではないです。

なので、いずれは帰宅もしくは出発可能になります。

ですが、運休の場合はその路線自体がなくなってしまうので、

他の航空会社を利用するか別のルートで行く方法を考えなきゃいけなくなります。

なので、欠航より運休の方が絶望的です(笑)

運休の場合、その路線がなくなるので返金はほぼ間違いないでしょう。

欠航の場合は、状況によって返金や振り替えがあります。

※LCCの場合は違うことがあります。

スポンサードリンク

 

飛行機の運休が分かったらすぐに航空会社へ!

基本的に運休が決まれば事前に連絡がきます。

その場合は早めに航空会社へ問い合わせをしてください。

運休になった場合に取られる対応として「返金」または「振替」になります。

「振替」になった場合の航空券は早いもの勝ちとなるので早めに対応することが大切。

返金してもらう場合は特に急ぐ必要はありません。

 

飛行機の運休でのホテル代はでない

旅行先や出張先などで運休が決まったの知ったら、まずは航空会社へ連絡をして

どのような対応をしてもらえるか聞いてみましょう。

航空会社に非がない場合はほぼホテル代は出ません。

(航空会社に責任がある場合は機材が使えなくなったという場合のみです)

路線上での紛争や病気の流行などで運休になる場合は航空会社が悪い訳ではないのででないということです。

こういった場合は早めに返金の手続きやどのようなルートなら

目的地に行けるのか?などを問い合わせみましょう。

飛行機が運休になったら返金は可能のまとめ

飛行機が運休になった場合は返金してもらえるので

なるべく早めに航空会社に問い合わせをしてください。

ホテル代などは出ないので要注意です。

 

ちなみに、欠航の場合は少し対応は違うのでまた別記事にしますね。

 

 

 

 

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました