暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

飛行機への持ち込み国内線は液体もOK?ビールや化粧品、ペットボトルの制限は?

   


せっかく準備したのに、持ち込めません!

なんて言われたショックです。

私も飛行機に乗るとき、ペットボトルって良いんだっけ?とか化粧品って良いんだっけ?といちいち調べているので液体関係でOKなもの、ダメなものをまとめてみました。

スポンサードリンク

機内に持ち込める?ペットボトル・瓶・水筒などの飲み物編!

飛行機を利用する人が一番多く持っているだろうと思うペットボトル!
これももちろん、持ち込むことができます。

ただ、保安検査を通る際にはカバンの中から取り出して見せなければいけません。
未開封のものであればササっと終わりますが、開封している場合は検査が入るので少し時間が取られる場合があります。

ペットボトル以外の水筒、缶、瓶の航空機への持ち込みも基本的には問題ありません。

飛行機に持ち込める?お酒編!

お土産にお酒を持っていく人も居ると思います。
お酒ってなんとくダメな気がしますが、規定内であればOKなものもあります。

OKとされるもの

アルコール度が24%以下であれば量に制限もなく持ち込めます。

条件付き
アルコール度が24%を超え、70%以下のものは1人5ℓまで機内に持ち込みOKです。
また、小売り販売されている容器に入ってることが条件となります。

どう頑張ってもダメなもの!

アルコール度が70%以上のアルコールは持ち込みも預けることもできません!

スポンサードリンク

機内に持ち込める?化粧品類!

化粧品も液体のものが多いですが、こちらも基本的には持ち込みが可能です。ただし、制限があるのでそれを含めご紹介しておきます。

化粧品類は1容器あたり0.5mlまたは0.5kg、一人の人が持ち込めるのは合計2リットルまたは2kgまでとなっています。
500mlのペットボトルの大きさまでは良いけど、それ以上はダメ。
合計の量が2ℓを超えるのはダメだよってことですね。

化粧品でそこまで超えるってことはなさそうなので量はそこまで重要じゃないですね。
例えば、1ℓをの容器に中身が300mlしか入ってない場合でもダメと言われる可能性があるのでお気を付けくださいね。
また、大きさも大きなものを持ってく人も居ないでしょうから大丈夫でしょうけど、

化粧品類には身体、身だしなみを手入れするために使うものを良います。

・ヘアケア用品:ヘアスプレー、ヘアトニック、育毛剤、ヘアカラー
・スキンケア用品:化粧水、洗顔フォーム、日焼け止め
・シェービングフォーム
・ネイルケア用品:マニキュア、除光液、ネイルアート用品
・入浴剤、バスオイル
・マウスケア用品
・香水
・アロマオイル
・家庭用洗剤(漂白剤・カビ取り剤は除く)
・洗浄液(コンタクト、入れ歯用、ジュエリー用、眼鏡用、髭剃り用)

瓶に入ってる化粧品でも機内持ち込みは可能。

液体の薬は持っていける?

液体の薬を持っていく人も中にはいると思いますが、こちらも基本的には問題ありません。

ただし、0.5mlまたは0.5kgの容器に入れ、合計で2ℓまたは2kg以内

スポンサードリンク

最後に・・・

国内線であれば、ほとんどのものが持ち込みが可能になりますが、国際線となると話は別になるので国際線の方は国際線で調べてから行くようにお願いします。

赤ちゃんや幼児連れにおすすめしたい飛行機の座席はここ!

スポンサードリンク

 - 飛行機 ,