暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

台風の影響?低気圧と肩こりと天候の関係とは?

      2017/07/31

台風や梅雨の時期や天気が悪い日ってなんだか肩こりがひどいな~ってことありませんか?私は意外と多くて、天気が悪くなると聞くとそれだけで気分がブルーなってしまいます。
さて、肩こりがなぜ起こるのか知っていますか?
天気と肩こりって共通点なんてなさそうなんですけど、実は関係があるんです。
ここでは、天気と肩こりのことについてとその対策について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

低気圧が肩こりの原因?

台風や梅雨、天気が悪い日には低気圧が発生してます。低気圧は人の体に少しばかし影響を及ぼしてくれます。肩こりもコレが原因なんです。
他にも症状があるのでこちらを参考にしてみてくださいね。

では、なぜ、低気圧で肩こりになるのか?ってことが気になりますよね。
普段、私たちの体には圧力がかかっているのをご存知でしたか?1気圧につき、1の力が体を押しているんです。しかし、私たちの体は自然と押し返しているんです。だから、普段抑えれていることに気づくことはないのですが、低気圧になるとこの体にかかる圧力が弱くなります。
ですが、押し返す力は変わらないので、体は少し膨張します。(目に見えるほどではありませんが)
その結果、リンパや血流の圧力が低下してしまい血行が悪くなるという流れになります。

ちょっと分かりにくいのでまとめますね。

低気圧になり、体へかかる圧力が下がる
      ↓
しかし、圧力を押し返す力は変わらない
      ↓
すると、体が膨張する
      ↓
リンパや血管への圧力が低下
      ↓
血行が悪くなり、肩こりが発生する

こういったメカニズムになっています。

②自律神経の問題

スポンサードリンク

低気圧になると、若干ですが、酸素濃度が低下します。それに加えて、太陽が出ないので、光を浴びる機会が減ってしまいます。すると、通常は交感神経という活動する際に働く機能がおやすみモードの副交感神経が優位に働くようになってしまったり、夜に休まなきゃいけないのに、交感神経が働いてしまい、活動モードになり、休めなかったりなんてことが起こるようになります。
夜に休めなければ、疲れは溜まり、日中に副交感神経が働くことで眠気やだるさ、疲れが現れてくるんです。
さらに、副交感神経には、自然治癒能力があり、副交感神経が働くべきどころを働かないとうまくいかなくなり、肩こりがひどくなることもあります。

これらの問題が肩こりを引き起こすと考えられています。

対策

肩こりから解放されるには紹介した原因を解消すれば良いんです。

①の血行不良からくる肩こり

体を温めて、血流をよくするために、ゆっくりとお風呂に入ることをおすすめします。お風呂に入るとストレスも発散できるので自律神経を整えるという意味でも効果的ですよ。
お風呂にすぐ入れる状況でなければ、軽く体を動かしてみたり、ストレッチがおすすめですよ。
もっと簡単にっていう人は、ツボを刺激するといいと思います。

・外関(がいかん)

手の甲の一番したから指3本分ほど下へいったところにあるツボです。

指で、強すぎず弱すぎずの力で押してください。

・肩井(けんせい)

首の付け根から3本ほどの肩の方にあります。腕を首の前で交差させて、肩に乗せてみて下さい。中指が当たるあたりがこのツボになります。

5分くらい痛いような気持ちいいくらいの強さで押していきましょう。ここのツボは押しづらいいところにあるのでツボ押しグッズを使うと便利です。

②自律神経の乱れを解消

自律神経の乱れからくる場合は、規則正しい生活を送ることが大切です。遅くまで起きているとそれだけバランスは崩れていくので早めに寝ることを心がけ、食事もなるべくバランスのイイ物を取るようにしてください。

まとめ

スポンサードリンク

低気圧から逃げることはできません。ですが、低気圧に勝つ体を作ることはできるので、低気圧に負けずに頑張っていきましょう。
また、低気圧を知ることのできるアプリもあるのでそれを上手に使い事前に知っておくといいかもしれませんね。





スポンサードリンク

 - お悩み ,