暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

おじいちゃんのプレゼントは服?写真にメッセージ!

   

もうすぐ、敬老の日ですね。敬老の日が近づいて来ると困るのがプレゼント選びではないでしょうか。
特に学生さんからおじいちゃんに贈る場合、何をあげていいのかもわからないんですけど、予算が限られていたりしますね。お小遣いが沢山あれば選べる範囲も広がるのですが、低予算でとなるとかなり範囲が狭くなります。
さて、ここでは低予算でもおじいちゃんが喜んでくれる贈り物を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

おじいちゃんへのプレゼントは服が良い?

今年の干支は申年なんですが、古くより日本では申年には赤い肌着を贈ると良いと言われています。おじいちゃんの世代であれば知っている知識かもしれませんので、赤い肌着を贈ってもらえらたら、こんなことを知っている孫が居て幸せだな~と思ってくれるかもしれませんね。
地域により言い伝えが異なるので、それぞれの地域にあった贈り方をしてみるのもいいかもしれません。

○北海道地方・・・「申」と書かている新しい肌着を身に付けると「病が治る」と言われていて、赤色で年下の女性から贈られると良いとされています。
○東北地方・・・身内の女性から「申」と書かれた肌着を身につけると下の世話(寝たきり)にならないと言われています。
○関東地方・・・子供から「申」と書かれたパンツを身に付けると「病が去る」と言われています。
○上越地方・・・赤い肌着を贈ったり、贈られた肌着を身につけると「病が去る」と言われています。
○近畿地方・・・子供から贈られた肌着を身につけると「寝たきり」や「下の世話」にならないと言われています。
○中国地方・・・4枚のパンツを贈ると「死が去る」と言われ、肌着を贈ると「病が去る」と言われています。
○中部地方・・・肌着を贈るか贈られた肌着を身に付けると「病が去り、長患いしない、下の世話(寝たきり)」にはならないと言われています。
○四国地方・・・贈られたパンツを見つけると「病を遠ざける」またはこっそりしまってくると「幸福が訪れる」と言われています。
○九州地方・・・贈られた肌着を身につけると「病が去る」と言われています。特に申又が良いと言われています。

おじいちゃんのお住まいの地域にあった送り方をすれば、健康を願っていることが伝わるのではないでしょうか。

おじいちゃんのプレゼントには写真も良い?

自分の写真贈るのはなんだか照れくさくも感じますが、写真ならいつまでも忘れることがないし、とても喜ばれると思います。最近は、マグカップや湯呑などに写真を印刷してくれるサービスもあり、湯呑なんかは毎日使えるものですので大変喜ばれると思います。

湯呑はちょっと照れくさいな~というあなたには写真に可愛くデコレーションしたフォトフレームに入れてお手紙と一緒にプレゼントいうのもおすすめです。孫からもらったお手紙はとても喜ばれるし、大切にしてくれること間違いなしですね。それにちょっとしたお菓子などを添えてもいいでしょう。

おじいちゃんへのプレゼントにメッセージ

おじいちゃんへのプレゼントにはぜひメッセージも添えてみてください。もしくは、プレゼントが用意できないようであれば手紙だけでも十分喜ばれます。
そこには普段言えない感謝の気持ちや思い出などついて振り返って書いてみるものいいと思います。おじいちゃんへの素直な気持ちを手紙として渡せばそれだけでとても喜びます。プレゼントをもらえることも嬉しいですが、おじいちゃんは孫に関心を持ってもらえることが何より嬉しいんです。

もし、できるのであれば、プレゼントを渡したあとはおじいちゃんと一緒の時間を過ごしてあげてください。テレビをみるだけでも音楽を聞くのもいいですし、美味しいものを食べに行くのも、思い出話に花を咲かせるのもいいでしょう。おじいちゃんとあなたが同じ時間を過ごすことがとても幸せな時間となります。

まとめ

スポンサードリンク

あなたの少ないお小遣いの中から高い何かをプレゼントされるより、同じ時間を過ごしたり手紙をプレゼントされる方がきっと喜ばれると思います。
会える距離に居ないのであれば電話で感謝の気持ちや健康を気遣う言葉などを伝えてみるのも良いと思いますよ~。
ぜひ、良い敬老の日をお過ごしください。





スポンサードリンク

 - お悩み ,