暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

過敏性腸症候群の症状はどんなもの?自分でチェックしてみよう!

   

なんだか最近お腹の調子が悪いと感じているならもしかしら、過敏性腸症候群の可能性があります。過敏性腸症候群はストレスと深い関係があると言われていますが、ストレスがかかったときには様々な症状が現れます。
私も過敏性腸症候群にはかなり悩まされていて、下痢をしたり、ガスが溜まったり、便秘をしたり、一つよくなると違う症状が出ての繰り返しです。命に関わる病気ではないものの症状が現れるととても辛いんですよね。

ここでは、その症状について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

過敏性腸症候群の症状をセルフチェック!

まずは、お腹の不快な症状に悩まされているあなたが過敏性腸症候群であるのかをチェックしてみましょう。
このチェックでは、必ず過敏性腸症候群であることを証明するものではありませんので、参考程度にして早めに病院へいきましょう。

□腹痛を伴う下痢が続いている(便は泥状や粘液が混ざっていることもあり)
□おならがよく出る又はガスが溜まる
□うさぎの糞のようなコロコロとした小さい便になる
□排便後には腹痛がなくなる
□排便後でも残っている感じがする(残便感がある)
□食欲や体重には変化がない
□休日には症状がでない
□便秘や下痢を繰り返している
□症状が1ヶ月以上続いている

これらの項目に1つでも当てはまる場合は、過敏性腸症候群の可能性が高くなります。

過敏性腸症候群の症状はどんなもの?

過敏性腸症候群には、以下のような症状を繰り返していきます。

1.便秘型
2.下痢型
3.交代型(下痢と便秘を繰り返す)
4.ガス型

の4つ分けられます。それぞれを詳しく解説していきたいと思います。

過敏性腸症候群~便秘型~

便秘型は、うさぎの糞のようなベンで、コロコロとしたものになります。便秘のメカニズムとしては、腸管がけいれんを起こすため、便の流れが滞ってしまいます。すると、便から水分がなくなり、固くなりコロコロとした便になります。
便意はあるのに、コロコロとした便又は全くでないことがあるので、スッキリせず、お腹が苦しかったり、痛みがあったりします。また、これにより吐き気などの症状が伴うこともあります。
この症状は女性に多いと言われています。

過敏性腸症候群~下痢型~

何の前触れもなく、便意に襲われ、下痢になるので、トイレがないと不安になります。この不安がさらに下痢を引き起こす原因となり、電車通勤や超時間の移動などトイレがすぐにいけない状況になるのが怖くなります。その結果、外出自体ができなくなることもあります。
下痢はするものの栄養分は吸収しているので、体重が急激に減ることはありませんが、食べる量・質・期間によっては体調不良により体重が減ることもあります。
この症状は、男性に多いと言われています。

スポンサードリンク

過敏性腸症候群~交代型~

上の下痢型と便秘型を交互に繰り返す症状のことです。

過敏性腸症候群~ガス型~

ガスが腸内に溜まったり、おならがよく出てしまうのがガス型と呼ばれる症状になります。
症状としては
・お腹が張る
・お腹がぐるぐるとガスの音がする
・おならがよく出る
・勝手にガスが漏れていく

おなかにガスが溜まると、お腹が張り苦しいだけでなく、ガスがお腹の中で動くので痛みがあります。さらに、ガス型の悩みとしては、臭いが強くなります。このことが原因となり、学校や職場などで、おならが出てしまったらどうしようや臭っていたらどうしようなどの不安に駆られます。さらに、おならをしていない時にでも「臭っているかも」と思い込み、不安が助長されます。

ガスが溜まる原因としては

・腸の動きが活発になりすぎてガスが発生する
・緊張やストレスで呼吸が乱れて、空気を沢山飲み込んでしまう。
・食事のときに空気を飲んでしまう
・腸内環境が悪く、腸内でガスが発生している

などがあります。

過敏性腸症候群 ~その他の症状~

下痢や便秘、ガスなどの症状が主なんですが、それにより様々な症状が引き起こされることがあります。

・吐き気や食欲低下・・・便秘により長いこと便がでないときや激しい腹痛のときには吐き気や食欲の低下の症状が現れることがあります。(強い吐き気や何度も嘔吐してしまう場合は、ウイルスや細菌の可能性もあります。)

・不眠、肩こり、頭痛、手足の冷え、倦怠感、胃痛、貧血、腰痛など、内科的なものから外科的なものまであります。

まとめ

症状は人によって様々ですが、共通していることは強いストレスや緊張、不安などの精神的な負担がかかったときに症状が現れます。もし、あなたが下痢や便秘、ガスなどでお困りの場合、その症状が強く現れる前に何か精神的に負担になることが起こっていないか考えてみてください。

スポンサードリンク

私も長くこの病気と付き合っていますが、今はまだ過敏性腸症候群そのものに効く薬というのはなく、それぞれの症状を抑えるものしか処方されませんし、その症状が治まったら次の症状が出てくるので、頻繁に病院へ行っています。
我慢すればするほどしんどくなるので、なるべく早く病院にかかる方がいいと思います。





スポンサードリンク

 - お悩み ,