暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

レンコンはこんな症状に効果が!レシピと栄養を上手に取ろう!

      2017/04/27

レンコンはスーパーでほぼ一年を通して販売されていますが、旬はこれからの秋から冬にかけてです。
レンコンは穴があいていて、スカスカしている感じですが、あ〜見えて沢山の効果をもたらすとってもすごい食材なんです。

ここでは、レンコンのすごいパワーについて紹介していきたいと思います!!

スポンサードリンク

レンコンで風邪予防ができる!?

1.ビタミンC

レンコンには、風邪に効果があると言われているビタミンCがレモンの1.5倍もの量が含まれているんです。それも、レンコンはでんぷん質が多いので加熱してもビタミンCが失われることはないんです。
ビタミンCは、鼻やのどの粘膜を強くし、風邪菌を防ぐ効果があり、さらに、白血球の機能を高めるので、抵抗力が強くなり風邪を予防するのに役立ちます。

2.タンニン

レンコンを切ると切り口が黒くなりますが、これはタンニンという成分が含まれていて、それが、リンパ球の機能を高め免疫力をアップさせたり、止血作用や炎症を抑える作用があるので、風邪によるのどの痛みや炎症、鼻血を押させる効果があります。

3.ムチン

レンコンのネバネバ成分には、ムチンという成分が含まれます。ムチンには、胃壁を保護する働きがあり、これによって、食べ物の消化・吸収が良くなり、風邪により弱った体力を回復に向かわせます。

4.その他

レンコンには、食物繊維やビタミンB12、鉄分、カリウムが含まれているので、便秘解消、むくみ予防、貧血などに効果があると言われています。

☆レンコン風邪のレシピ

・レンコンの絞り汁

①レンコンをよく洗い皮ごとすりおろします。特に皮の部分にはと節の部分の成分がいいとされています。
②すりおろしたものをガーゼなどで包み絞ります。
③この絞り汁を飲むと風邪予防になると言われています。

なれないうちは少量から初めましょう。もし、飲みにくい場合は、これにはちみつやメープルシロップなどを少量入れて飲みやすくしてみてください。鼻づまりの時には、この絞り汁をガーゼや綿に染みこませ、それを鼻に詰めると鼻づまりが解消されます。

・レンコン湯

材料

・レンコン
・水
・塩またはしょうゆ

作り方

①レンコンを皮ごとすりおろします。
②ガーゼなどで絞り、汁を鍋に入れます。
③レンコンの絞り汁と同じ量のお水を加え、弱火で混ぜながら、5分煮ます。
④とろみが出てきたら、しょうゆや塩などで味を整えれば完成です。

アレルギー効果

レンコンには、花粉症のかゆみや鼻づまりはヒスタミンが生成されます。このヒスタミンを生成している原因がIgE抗体というものです。このIgE抗体をを抑える効果がレンコンにはあると言われています。
風邪予防のところで紹介したものを同じ部分はありますが、それだけ効果がある成分だと思ってください!!

1.ムチン

レンコンのネバネバ成分ですが、これが外部からの刺激や花粉から守るために必要な粘液の生成に役立ちます。

2.ポリフェノール

ポリフェノールといえば、ワインや緑茶ですが、レンコンにも同じくらい含まれています。さらに、抗アレルギー性を持つ種類と言われています。

3.食物繊維

アレルギー症状の改善には、腸の動きを正常にすることが大切だと言われています。食物繊維は腸の働きを整える成分です。

☆レンコン花粉症レシピ

レンコンをとる量としては、1日20g~30g程度大丈夫です。これを3ヶ月以上毎日摂取することで効果が期待できると言われています。

・レンコンのはさみ焼き

材料

・レンコン 6cm
・片栗粉 適量

☆鶏ひき肉 120g
☆長ネギ(みじん切り) 7~8cm
☆しょうが 小1
☆酒 大1
☆塩・こしょう 少々

★しょうゆ 大2
★砂糖 大1
★みりん 大2

作り方

①れんこんは皮ごと5cm程度の暑さにスライスし、酢水にさらして、水気を拭き取り片栗粉をまぶします。
②☆の材料を混ぜ合わせ、粘りが出るまで混ぜます。それを6当分にし、丸めて①のレンコン2枚で挟みます。
③フライパンに②を入れ、中火で焼いていきます。
④焼きいろが付いたら裏返して、蓋をして弱火で3分焼きます。
⑤★を加え、煮立ったら絡めて完成です。

詳しいレシピはこちら

・レンコンパウダー

材料

・レンコン

作り方

①レンコンを皮付きのまま2~3ミリの厚さにカットします。
②2~3日天日干しします。
③十分に感想したらフードプロセッサーなどで細かくすれば完成です。

 

このパウダーをサラダや味噌汁、カレーなどかけるだけで、花粉症の予防になります。

こんなものもあるので試しに飲んでみてもいいかもしれませんね!!

 

スポンサードリンク

レンコンの効能はまだまだある!

上記で、風邪と花粉症の予防について紹介しましたが、まだまだ効果はあります。

・便秘やむくみ改善

レンコンに含まれる食物繊維は2.0gとそこまで多くないのですが、ムチンによる胃腸保護などにより、腸に膜を作り 便の通りをよくする効果があると言われています。このため、便秘解消に役立つと言われています。また、カリウムも比較的多く含まれていて、さらにムチンによる肝臓・腎臓機能の向上作用により、むくみ解消やデトックス効果があると言われています。

・老化防止や生活習慣予防

レンコンに含まれるビタミンCやタンニン、ポリフェノールにより、抗酸化作用があり、この作用により、活性酸素による酸化から体を守り、老化防止や生活習慣予防に役立つと言われています。

・美肌効果

ビタミンCにより、メラニン色素の生成を防ぎ、ムチンにより皮膚の奥でヒアルロン酸の量を増やす効果が期待できると言われています。また、タンニンには、毛穴を引き締める働きをあると言われています。

レンコンとの食べ合わせで効果が期待できるものの紹介

 

効果が期待できる食べ合わせ 得られる効果 レシピ紹介
アボカド、かぼちゃ、ナッツ類 美肌・アンチエイジング効果 レンコンとアボカドのサラダ

レシピ紹介

牛肉、鶏肉、豚肉、 貧血予防  レンコンと豚バラのきんぴら

レシピ紹介

ニンジン、りんご、チンゲン菜 肥満防止  レンコンと人参のきんぴら
レシピ紹介
大根、白菜、かぶ、もやし 胃腸の働きを整える  大根とレンコンの煮物

レシピ紹介

まとめ

レンコンに秘められたパワーで今年は風邪知らずになれるかもしれませんね。

スポンサードリンク

レンコンの粉末を常備しておけばいつでもどこでもささっとかけられるので、簡単に健康作りができそうですね。これから流行りだす風邪や花粉症対策にこれからが旬となるレンコンで健康作りをしてみませんか(*´∀`*)





スポンサードリンク

 - 食べ物 ,