暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

高校生でトイレが近いのは病気?薬や対策で授業を乗り切ろう!

      2017/04/25

トイレに行くことは生きている以上、避けられないのですが、授業中や集会などがあってトイレが行きたいときに限って、トイレに行きたくなるんですよね。授業中に何度もトイレに行きたいと訴えるのも非常に恥ずかしいですし、周りからどう思われるのかも不安になってくると思います。

トイレが近いと悩んでいるあなたに読んで欲しい、トイレが近くなる原因や対策を紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

トイレが近くなる原因

人の正常なトイレの回数は、昼間(朝起きてから就寝まで)の排尿回数が8回以上になると頻尿と言われます。ただし、排尿回数には個人差があるので一概には言えません。8回以下であっても普段より回数が多くなっていれば頻尿と言えるでしょう。また、2時間も我慢できない人や夜間にも2回トイレに行く人も頻尿と言えます。

では、このようになってしまう原因とは何があるのでしょうか。

1.体の冷えからくるもの

冷え性の人は頻尿になりやすくなります。特に女性に多いですが、夏の冷房や冷たいものを好んでとっていると体が冷えて頻繁にトイレに行きたくなります。

2.精神的なもの

高校生だと精神的なストレスや緊張によりトイレが近くなることがあります。最初は、たいしたことがなくても段々と生活に支障が出るレベルになることもあるので、早めに対処しておいた方が良い頻尿です。
トイレが近いことで常に「いつトイレに行きたくなるかわからない」という不安を抱えているとそのこと自体がストレスとなり、トイレがない環境(バスや電車の中)やトイレにいけない環境(授業中や集会の時)が不安になり余計にトイレに行きたいと感じてしまうようになります。

これが原因で不登校になってしまうこともあるようです。

3.膀胱炎

こちらは女の子に多い病気ですが、膀胱炎は、膀胱に最近が入り、感染。その結果、膀胱内で炎症を起こす病気です。この病気の症状として多いのが頻尿や排尿痛(おしっこの時に痛みを伴います)やおしっこが濁るなどがあります。
トイレが近くて尚且つ痛みがある場合は、膀胱炎の可能性が高くなります。膀胱炎はお薬を飲み、体の外に細菌をだしてしまえばそこまで深刻にはなりません。

高校生でトイレが近いと悩む原因で多いのはこの3つのどれかになると思います。

トイレが近い場合の対策は?

まず、1番重要なことは、トイレが近くなっている原因を探ることです。原因によりその後の対策は変わってきます。

1.冷えから来ている場合

冷えから来ている可能性があるのであれば、冷えないようひざかけや一枚上着を着たり、水分を控えていきましょう。特に水分の取りすぎは頻尿につながります。コーヒーなどのカフェインが含まれているものは利尿作用があるので避けましょう。

2.精神的なもの

心因性頻尿と言って、心から来るものなので、解決までには時間を要することがあります。水分を控えると良いとか気にしなきゃいいとかそんなレベルで解決できるものではないんですよね。水分をとってなくてもトイレに行きたいと尿意に襲われるのがこの病気の特徴で、そこが我慢できるのであれば悩んだりしないわけですしね。
心因性の場合は、トイレを我慢する必要も無理に気をそらす必要もありません。トイレに行きたいならトイレに行き、気になるのなら気にしていても構いません。制限をかけてしまうと逆に気になったりトイレに行きたくなるものです。
どうしても不安な場合には、心療内科を受診するのもいいでしょう。心の病気ですので、薬やカウンセラーさんと話をすると改善することもあります。

3.膀胱炎

膀胱炎は、先程も少し書きましたが、お薬や水分を沢山とることで、体外に菌を排出することで治すことができます。

スポンサードリンク

トイレが近いのを薬で治したい

病院へ行くのは恥ずかしいし、市販で買えると気が楽ですよね。そこでおすすめなお薬の紹介をしていきたいと思います。

・レディガードコーワ

有効成分フラボキサート塩酸塩を配合し、膀胱機能の調整、過敏な状態を改善するので、頻尿や残尿感を解消していきます。

・ジンフリック

こちらも有効成分フラボキサート塩酸塩を配合し、女性の頻尿や残尿感を改善する働きがあります。暴行を収縮させる筋肉に直接働きかえ、緊張を緩め、膀胱に貯められる尿量を増やし、排尿回数を減らします。

まとめ

スポンサードリンク

トイレが近いということで生活に支障が出てしまう場合は、勇気をだして泌尿器科を訪れてくださいね。それでも治らない場合は、心療内科へ相談してください。
早めに対策をすれば治りも早くなりますので、放置はしないでくださいね。





スポンサードリンク

 - お悩み ,