暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

にんにくに夏バテを防止する効果あり?レシピと栄養で乗り切ろう!

      2017/04/18

にんにくといえば、スタミナをつけると言われていることは皆さんご存知ですよね。夏は積極的ににんにくを取り入れていきたいものです。にんにくの匂いが気になる方もいらっしゃると思いますが・・・(笑)

それでも、にんにくは素晴らしい食材なので、紹介させて下さい。にんにくの素晴らしさを知ったら、匂いなんて気にならなくなっちゃうかもしれませんよ。

スポンサードリンク

にんにくが夏バテに効く理由

1.にんにくの匂い

にんにくの匂いが好きな人ってあまりいないんですが、あの匂いは、実は良いヤツなんです(`・ω・´)匂いの元は、「アリシン」と呼ばれる物質で切ったり、すりおろすとにんにくの組織が壊れ、酵素アリナーゼの作用によってアイリンという物質がアイシンに変化します。

切った時よりすりおろしたときのほうが、にんにくの組織をより細かく破壊していくので、匂いがきつくなるんです。

で、これのどこがいいヤツなのかというと、アリシンにより、体内のエネルギーを燃焼させる働きがあり、大切な役割を担っています。

さらに、ビタミンB1をくっつくことで、効果がグンと上がります。ビタミンB1は、糖質からエネルギーを作り出し、皮膚や粘膜を守るのですが、水に溶けやすいため体内での吸収が悪くなります。このため、食べ物からとっても排出されています。

しかし、アリシンがビタミンB1とくっつくと「アリナミン」という物質になり、油に溶けやすくなり、体内へ吸収されやすくなります。

ただし、アリシンは、切ってから20分も置いてしまうと空気となりなくなります。また、60度以上になると酵素が働かなくなるため、弱火などでゆっくり調理することにより、いい状態を保てます。

にんにくの栄養

1.むくみ解消

カリウムにより体内の余分な水分や円分を外へ排出する働きがあるためむくみの解消に役立ちます。

2.滋養強壮

栄養ドリンクなどにも含まれるアルギニンという成分は、ホルモンバランスを正常に保ち、老化を防止、滋養強壮、更年期障害の症状を緩和するなどの効果があると言われています。

3.食中毒予防

アリシンには、強い殺菌力と抗菌作用があると言われちて、食中毒の予防や大腸菌、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)にも有効と言われています。

4.動脈硬化

にんにくに含まれるS-アリルシステインやアホエンなどの成分には、コレステロールの合成を抑制し、ビタミンEや硫黄化合物には抗酸化作用があり、その作用により、血管内に溜まってしまったコレステロールが過酸化脂質になるのを抑制する効果があります。

5.ガン予防

DATS(ジアリルトリスルフィド)ががん細胞の増殖を抑制し、正常な細胞に戻し、がん細胞を消滅させる効果があります。

6.高血圧の改善

にんにくのスコルジニンは、毛細血管を拡張する働きがあり、血液の流れをよくするので、血圧を下げる効果があります。

7.ダイエット

にんにくには、交感神経を刺激しアドレナリンの分泌を促す作用があります。このため、新陳代謝を良くし、脂肪を燃焼させる効果があるので、ダイエットに効果があると言われています。

8.美肌効果

にんにくの抗酸化作用と新陳代謝をよくするスコルジニンが、皮膚の内部に適度な脂分を溜める働きがあるため、水分と脂分のバランスが良くなり、しわやたるみを目立たなくする効果があります。

スポンサードリンク

9.冷え性

血液の流れをよくする効果があるので、冷え性により血液の流れが悪くなるのを防止します。

10.抗ストレス

ストレスを溜めると体にも悪影響を及ぼしますが、にんにくには、ビタミンB1とアリシンが結合することにより、自律神経のバランスを整える「アリチアミン」という物質に変わります。

夏バテに効くにんにくレシピ

1.にんにくのからあげ

材料

・にんにく 1玉
・油 適量

作り方

①にんにくの薄い皮を2枚残し、小分けにします。
②170℃~180℃の油でにんにくを揚げます。きつね色になったら完成です。

2.スタミナ丼

夏バテでも食欲増進が期待できちゃう一品です。

材料

・豚肉 100g
・ねぎ 適量
・卵 1個
・ごま油 大1
・ご飯 茶碗一杯分
☆しょうゆ 大1
☆みりん 大1
☆にんにく 小1/2

作り方

①☆を混ぜておきます。
②フライパンにごま油を熱し、豚肉を炒めます。
③②に①をいれて、ねぎを加えます。
④ご飯の上に載せれば完成です。

3.ガーリックトースト

材料

・バター 30g
・オリーブオイル 適量
・にんにく 1カケ
・ぱせり 適量
・バケット 1本

作り方

①バケットを半分に切り、それを縦4等分に切ります。
②耐熱皿に、バター・オリーブオイル・にんにく・パセリを入れ、レンジで温めます。
③②をバケットに乗せて、トースターで焼けば完成です。

にんにくと一緒に食べると良い食材の紹介です。

にんにくと一緒に食べるといい食材 得られる効果
唐辛子、さやえんどう、ミョウガ 疲労回復、スタミナ
トマト、ブロッコリー、くるみ 老化防止
ニラ、生姜、ねぎ、たまねぎ 血行促進、冷え性改善
白菜、インゲン豆、ウド ダイエット、肥満予防

 

まとめ

いかがだったでしょうか。にんにくって凄いパワーを持った食材ですよね。

最後になりますが、にんにくを食べた後の匂い対策について紹介したいと思います。

にんにく料理を食べる時は、緑茶を飲むと匂いを防いでくれます。さらに、食事後に皮付きのりんごまたは、りんごジュースを飲んだり、口臭予防ができるガムを噛むと効果的です。歯磨きができるのであれば、舌も一緒にみがくと尚良いです。

どうしても匂いが心配な方は、サプリなんかも効果があるので、お試し下さい。



にんにくパワーで暑い夏を乗り切りましょう♪

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
夏バテに効果のある野菜の栄養を紹介!

スポンサードリンク




スポンサードリンク

 - 食べ物 ,