暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

モロヘイヤは夏バテに効果あり?栄養とレシピ紹介!

      2017/04/18

夏バテに効果があるといわれている夏野菜の一つのモロヘイヤですが、モロヘイヤってどう効果があるの?どう食べればいいの?なんて疑問があると思います。

モロヘイヤには沢山の栄養が含まれていて、様々な効果をもたらします。ちょっと注意したい点もあり、それらを含めて、ご紹介していきたいと思います。
最後にはモロヘイヤの美味しい食べ方も紹介していきますので、参考にしてみてください!

スポンサードリンク

夏バテを解消するモロヘイヤの凄い


モロヘイヤは、青菜なのに、ネバネバしていますよね。そう、このネバネバが夏バテに効くと言われているんです。
ネバネバというと、オクラなんかも夏野菜で夏バテ効果があるんですよね!

オクラの記事→オクラで夏バテを防止する!

モロヘイヤのネバネバには、ムチンという成分が沢山含まれています。
ムチンとは、タンパク質と糖質からできている多糖質で、タンパク質の消化を促す働きがあり、消化不良や食欲不振を予防します。
さらに、水分を吸収して、胃や腸管を刺激するため、便秘解消効果やコレステロールの上昇、血糖値の上昇、血圧の上昇を抑制する働きがあると言われています。

また、ビタミンB1、B2が豊富に含まれているので、疲労回復にも役立ちます。

モロヘイヤの栄養と効果

モロヘイヤには、ムチンだけが含まれているわけではなく、他にも様々な栄養が含まれています。

1.動脈硬化予防

モロヘイヤに含まれるβカロチンやビタミンEが活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は血中の脂質を酸化させるので、動脈硬化を引き起こします。また、モロヘイヤには、ポリフェノールの一つであるケルセチンが豊富に含まれ、これには強い抗酸化作用があるので、動脈硬化の予防・改善に役立ちます。

2.糖尿病予防

先ほど少し触れませしたが、ネバネバ成分のムチンには、血糖値の上昇を抑える作用があるので、糖尿病の予防に役立ちます。

3.骨粗鬆症の予防

カルシウムが含まれているのはもちろんですが、ビタミンKがニラ3倍も含まれていて、これが骨粗しょう症に役立ちます。

4.貧血予防

モロヘイヤには、鉄と鉄の吸収を高めるビタミンCが豊富に含まれています。

5.便秘解消

モロヘイヤのネバネバ成分のムチンとマンナンそして、食物繊維が豊富に含まれているので、便秘解消効果があります。

6.美肌効果

βカロテンから変換されたビタミンAには皮膚や粘膜を強く保つ効果があります。このため、肌の乾燥や肌荒れの改善に役立ちます。
さらに、βカロテンは紫外線による活性酸素を除去し、シミやそばかすの原因になるメラニン色素を防ぐ働きがあります。

また、ビタミンEによる若返り効果がやビタミンCによる肌のハリやシワの予防・改善の効果もあります。

7.免疫力を高める

βカロテンから変換されたビタミンAにより免疫力を高め、口内炎や風邪の予防に効果があります。また、ムチンには、粘膜を保護し、ビタミンCやEには、ウイルスへの抵抗力を高める働きがあります。

8.目の機能を高める

スポンサードリンク

目の網膜で光を感じた時に必要なタンパク質のロドプシンの生成にβカロテンが有効で、夜盲症や眼精疲労の予防に効果があると言われています。

ちなみに、モロヘイヤには、種子や枝には、毒成分が含まれています。体内に入ると、吐き気や下痢になり、死に至る場合もあると言われています。ただし、スーパーなどで販売されているものは毒性分は取り除かれいてるので安全です。

夏バテにもってこいのモロヘイヤレシピ

1.モロヘイヤスープ

エアコンで冷えた体を温める一品です。

材料

・モロヘイヤ 1束
・ベーコン 2枚
・にんにく 1個
・玉ねぎ 1/2個
・水 1カップ
・コンソメ(顆粒) 小1
・塩コショウ 適量

作り方

①モロヘイヤを熱湯で1分ゆで、軽く水にさらし、水気を切ってから粗めのみじん切りにします。
②ベーコンは1cm程度に切ります。にんにくと玉ねぎはみじん切りにします。
③ベーコンを並べて炒め、にんにくと玉ねぎを炒めます。
④②に火が通ったら、モロヘイヤ・水・コンソメを入れ、塩コショウで味を整えれば完成です。

2.冷やしうどん

材料

・うどん 2玉
・モロヘイヤ 1束
・豚モモ(しゃぶしゃぶ用) 6枚
・トマト 1個
・生姜 1かけ
・かつお節 1パック
・ごま 小2
・麺つゆ 適量

作り方

①うどんを茹でて、冷水にさらして、水気を切ります。豚肉も茹でて冷水にさらします。
②モロヘイヤの葉先を洗って、熱湯でさっと茹で、冷水さらし水気を切って、細かく切ります。
③トマトは縦半分に切り、薄切りにします。
④お皿にうどん、豚肉、モロヘイヤ、トマトを盛り付け、生姜(すりおろしたもの)、かつお節、ごまを添えて、麺つゆで味を調節したら完成です。

3.モロヘイヤジュース

材料

・モロヘイヤ 1束
・りんご 1/2個
・プレーンヨーグルト 1カップ
・はちみつ 大1

作り方

全ての材料をミキサーにいれて、なめらかになったら完成です。

4.夏バテに最強のネバネバ

材料

・納豆 1パック
・モロヘイヤ 1束
・めんつゆ 小1

作り方

①モロヘイヤを沸騰したお湯で1~2分茹でます。
②ざるにあげ、粗熱がとれたら細かく切ります。
③納豆にモロヘイヤを混ぜ、めんつゆを入れたら完成です。

モロヘイヤのネバネバと納豆のネバネバで最強の夏バテ予防レシピとなります。

最後にモロヘイヤと一緒に食べると良いものを紹介します。

一緒に食べると良い食材 得られる効果
セロリ、トマト、じゃがいも、玉ねぎ 高血圧、動脈硬化の予防
やまいも、大豆、牛乳、たまねぎ 糖尿病の予防・改善
ホタテ、牛乳、干しえび、しいたけ 骨粗しょう症の予防
レバー、カキ、あさり、タコ、イカ 貧血の予防・改善

 

まとめ

いかがだったでしょうか?
モロヘイヤって意外なほど色々な効果がありますよね。特にモロヘイヤジュースを毎日飲み続けたら、お肌がツルツルになりそうです(*´∀`*)

スポンサードリンク

ぜひ、皆さんもお試し下さい。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。




スポンサードリンク

 - 食べ物 ,