暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

車の運転中の紫外線対策は出来てる?フィルムや必須アイテムを紹介!

      2016/03/03

お仕事で、車の運転をされている方、紫外線対策していますか?
女性にとって紫外線は大敵ですよね。

特に車に乗っているときは防ぐのが難しいと思うんです。
窓だらけで、遮るものもなく、あなたの顔や手、腕などに太陽の光が当たります。

でも、仕事だし、辞める訳にはいかない!!

じゃあ、諦めるしかないのか?

そんなことはありません。対策が出来れば紫外線の影響を少なくできます。
よければ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

車を運転する時の紫外線対策

車の運転している際に紫外線を浴びて、不安になることはシミ・そばかすが出来てしまうからではないでしょうか。また、運転中って体の片方に偏って日が当たるので、右側だけ焼けてしまうこともありますよね。

 

・長袖もしくはアームカバーをする

UVカットの長袖を着用すると、腕が焼ける心配も減ります。車内ではエアコンをつけていればそれほど暑さに苦しむこともないと思います。

長袖はちょっとという人には、アームカバーがおすすめです。
アームカバーは着脱も簡単ですし、紫外線対策の定番アイテムになりつつあります。
おしゃれなものもあるので、おすすめしたいアイテムです。

 

・ストール

ストールは綿や麻などの生地を選ぶと暑苦しくもなく、おしゃれに紫外線対策ができます。
首に巻くのもいいですが、カーディガンのように羽織ると簡単に日焼け対策ができます。
羽織るだけなので、すぐに脱ぐこともでき、楽なアイテムです。

 

・サングラスまたはUVカットメガネ

紫外線が目に当たると、白内障や紫外線角膜炎、翼状片、白内障を引き起こすと言われています。
なので、目も紫外線から守ってあげる必要があります。

仕事中サングラスをつけるのは嫌だったり、サングラス自体に抵抗があるのであれば、UVカットメガネがあるので、そちらを購入してみるといいと思います。

スポンサードリンク

100均にもUVカットメガネが売っていることもありますが、使用感がイマイチであったり、効果もどうなのかなってこともあるので、メガネ屋さんでの購入をおすすめしています。

 

・UVカットマスク


顔の日焼けに対して、マスクをつける方法もあります。
ただ、暑い時期にマスクをするのはしんどい場合もありますので、ご自身でご判断下さい。

 

運転中の紫外線対策には、UVカットフィルムがいい?

 

長袖を着たり、ストールをしたり、メガネやサングラスをするのが煩わしいと感じる人もいると思うんです。
仕事って毎日のことですし、ずっと車に乗っているならまだしも乗り降りがあって、そのたびに紫外線対策の装備をつけたり、外したり・・・
夏の暑い時期にその動作はとってもしんどいと思います。

だったら、車の窓ガラスをUVカット仕様にしてしまえば良いのです。

車屋さんにいくと「UVカットフィルム」が売っているので、これを窓に貼り付けるだけです。
ネットではこちらUVカットフィルム車用

このフィルムは、99%紫外線をカットするというもの。
紫外線を99%カットするので、日焼けすることはまずないそうです。

ただ、これを購入する際には注意が必要になります。

・フィルムが色つきの場合、車検に通らない
可視光透明率というのが70%以上じゃないダメとなっており、色つきになると車検は通りません。

・フロントガラスに貼り付ける時はシワに注意
フロントガラスって貼り付けるのが難しいらしく、シワが寄ることがあります。しかも、このシワが視界を悪くするそうで、危険なんです。

 なので、フロントは業者に頼むのが一番です。

 

運転中の紫外線対策には日焼け止めは必須

車に乗る乗らないに関係なく、紫外線対策として日焼け止めは必ずぬるようにしてください。

 

また、こまめに塗り直すこともお忘れなく!

 

日焼け止めの持続時間は短かったり、何かの拍子にとれてしまうこともあるので、1日に何度か塗り直して下さい。

 

まとめ

 

スポンサードリンク

仕事で日焼けは気分も良くないし、仕事への意欲もなくなってしまうので、紫外線対策をして、夏を乗り切りましょう。





スポンサードリンク

 - お悩み ,