暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

子供への紫外線の影響って?成長と外遊びの対策について!

      2016/03/03

子供なんだから、お外でいっぱい遊んだ方がいいと思うけど、やっぱり気になる紫外線。
でも、子供に紫外線対策って必要なのかなとも思います。

子供にとって紫外線が与える影響ってどんなことなんでしょう?

子供の紫外線対策などをまとめてみました。

 

スポンサードリンク

子供への紫外線の影響とは?

459bc73d05522456c1b9838896edd7e8_s

昔に比べて、紫外線は強くなっていると言われている現在、大人とは違い肌が薄い子供は、紫外線の影響を受けやすいんです。

また、大人になってから浴びる紫外線とは違いこどもの頃に浴びる紫外線の影響は大きく、子供の頃に紫外線をいっぱい浴びたこどもは将来的に皮膚がんを引き起こすリスクが高くなります。

また、紫外線を浴びる時期が早ければ早いほどリスクは高くなります。

さらに、紫外線は、目に与えるダメージが大きく、大人になってから白内障や免疫低下などを引き起こすことがあるので、しっかり親御さんがお子さんの紫外線対策を行う必要があります。

紫外線って怖いですΣ(゚д゚lll)

ちなみに、紫外線が強いと言われているオーストラリアでは徹底的に紫外線から子供を守っているようです。

「No Hat No Play」とい決まりがある学校多くあり、これは「帽子をかぶらない子は校庭での遊びを禁止」というものなんだそうです。
サングラスの購入を勧めていたり、サンスクリーンを塗ることを義務付けているようです。

ここまで日本でする必要があるかといえば、必要ないかもしれませんが、それくらい紫外線の影響が大きいということなんでしょう。

スポンサードリンク

 

子供への紫外線は成長に必要?

 

紫外線の影響は怖いのですが、紫外線はまったく必要ない訳ではありません。

紫外線は骨を作るために必要な物質で、ビタミンDを作り出し、ビタミンDをカルシウムとして吸収し、骨の形成をします。

なので、紫外線をまったく浴びないというのも体に悪いということです。

 

過剰に心配しすぎてもよくないし、心配せずにガンガンお外に出してしまうのも問題ありですので、紫外線の対策もちゃんとした上で、外遊びをするようにしましょう。

 

子供の外遊びの紫外線対策はどうする?

 

紫外線が危険なのはよくわかったけど、やっぱり子供を外で遊ばせたいし、外で遊びたがると思うんですよね。

外で遊ぶ子供ってキラキラ輝いていると思うんですよね^^

 

1.最も紫外線が強くなる時間は避けるべし

 

紫外線は、10時~14時が一番強くなると言われています。
なので、外遊びをさせる際は、午前中の早い時間もしくは夕方になってからが良いと思います。

 

2.日焼け止めはつけるべし

 

日焼け止めはやはり必須です。
午前中の早い時間、夕方であっても紫外線の影響は受けます。

子供に日焼け止めっていいのかなって思ってしまいますが、子供でも使える日焼け止めが販売されているので、そちらを塗ってみて下さい。

必ず日焼け止めを塗ってあげて下さい。

 

3.帽子はかぶらせるべし

 

帽子を嫌がらないようでしたら帽子も被せてあげて下さい。

頭皮への紫外線のダメージもありますが、熱中症の予防にもなります。

 

 

まとめ

 

子供への紫外線の影響や紫外線対策を紹介していきました。

今年からでも紫外線対策をするのは遅くありません。
今まで紫外線対策をしてこなかったと言って今更無駄ということもありませんし、今からでも紫外線対策をしてあげることで将来への影響は少なくなります。

スポンサードリンク

ぜひ、今からでも紫外線対策してあげて下さい^^

 





スポンサードリンク

 - お悩み ,