暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

暑中見舞いの上司へ失礼のない書き方や文例!

      2017/03/29

この時期になると、「暑中見舞い」を考え出し始めますね。

さて、上司に暑中見舞いをだそうと思ったけど、何を書いていいのかわからなかったり、どのような文章構成で書けばいいのかわからない!なんてことがあるかと思います。

友達や親しい間柄の人であればそこまで、考えないと思いますが、上司となれば失礼のないように書きたいと思うでしょう。

そこで、私から書き方や文例の紹介をし、あなたの暑中見舞いの難しい部分を少しでも軽減できればと思います。

あなたのお役に立ててれば幸いです。

スポンサードリンク

暑中見舞いの上司への書き方は?

暑中見舞いには「暑いけど、元気ですか?」という意味があります。そのため、暑い時期に出すのがマナーです。

暑い時期とは、7月初旬の梅雨が明けた頃から8月7日頃の立秋までと考えられていて、この時期に暑中見舞いを出します。この時期を過ぎたら、暑中ではなく、「残暑見舞い」として出すのがマナーです。

次に文章の構成の紹介です。

1.見舞いの挨拶

「暑中お見舞い申し上げます」
「暑中お伺い申し上げます」

などです。上司や目上の方に送る場合は、「暑中お伺い申し上げます」の方が丁寧です。
昔ほどどちらが良いとは言われなくなりましたが、丁寧にこしたことはないので、「お伺い」の方を使ってみてください。
上司から「出来る奴」と思ってもらえる可能性もありますよ!

2.時候の挨拶(相手を気遣う言葉)

暑い日が続いているけど、大丈夫ですか?のような言葉を書きます。

3.自身の近況報告(感謝の言葉)

日頃お世話になっている上司への感謝の言葉とお陰様で自分も元気に過ごせているよという言葉を書いていきます。

4.相手の近況や健康を気遣う言葉

これからも暑い日が続くから、気をつけてねという意味の言葉を書いていきます。

5.日付

平成○○年 盛夏と書きます。

盛夏とは、夏の最も暑く盛りの時期という意味になります。

暑中見舞いを上司出すときの文例

<文例1>

スポンサードリンク

暑中お伺い申し上げます。(見舞いの挨拶)

暑い日が続いておりますが、皆様いかがおすごしでしょうか。(時候の挨拶)

日頃より公私ともに何かとお心遣い頂きありがとうございます(感謝の言葉)お陰様で私も元気で過ごしております(自身の近況報告)

まだまだ厳しい暑さが続きますが、くれぐれもご自愛ください。(相手を気遣う言葉)

平成○○年 盛夏(日付)

<文例 2>

暑中お伺い申し上げます。

今年の暑さは格別に感じられますが、皆様お健やかでいらっしゃいますか?
平素は何かとお世話になり、ありがとうございました。おかげさまで私どもはつつがなく過ごしております
暑さ厳しい折ですが、くれぐれもお大事にお過ごし下さい。

平成○○年 盛夏

<文例 3 結婚報告ver>

暑中お伺い申し上げます。

厳しい厚さが続いておりますが、いかがおすごしでしょうか。

時候の挨拶の後に結婚報告を入れます。
①「私たちは、このたび結婚しました。これから二人で暖かい家庭を築きあげたいと思います。」
②「私たちはこのたび結婚し、新しい人生をスタートしました。何かと至らぬ二人ですが、今後共よろしくお願いします。」

暑さ厳しい折ですが、くれぐれもお大事にお過ごし下さい。

平成○○年 盛夏

<引越しver>

暑中お伺い申し上げます。

毎日暑い日が続いていますが、皆様お元気でおすごしっでしょうか?

時候の挨拶の後に引越しの報告を入れます。
①「このたび下記の住所に引っ越しました。お近くに起こしの際はぜひ、お立ち寄りください。」
②「念願のマイホームが完成し、下記住所に引っ越しました。家の中も落ち着きましたので、お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

まだまだ厳しい暑さが続きますが、くれぐれもご自愛下さい。

平成○○年 盛夏

まとめ

スポンサードリンク

暑中見舞いを送ったらきっと喜ばれると思います。
今は、パソコンで印刷されることが多いですが、宛名はパソコンで、裏面は手書きにすると感情もこもりとても喜ばれると思います。





スポンサードリンク

 - 季節もの ,