暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

紫外線対策の方法とは?食べ物やサプリでも予防しよう!

      2016/03/03

これからの時期、気になってくる紫外線。
紫外線対策されていますか?

日焼け止めは苦手って人もいると思います。
でも、将来シミやそばかすの原因にもなると言われているから紫外線は出来るだけ防ぎたいですよね。

紫外線を防ぐ方法や食べ物、サプリのことについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

紫外線対策に良い方法とは?

紫外線を予防するには、日焼け止めが一般的ですが、肌に合わなかったり、肌に塗った感触が嫌で塗りたくないという人もいると思うんです。

若いうちは塗らなくても、シミ・そばかすといったものはあまりできませんが、将来シミ・そばかすの原因になることはあります。

そうなる前に対策をしておいた方がいいですよね。

紫外線を予防するのには、やっぱり、UVカットクリームなんです。

結局?って思われてしまうかもしれませんが、これがお肌に負担を減らすための紫外線対策なんです。

塗り心地や肌トラブルの原因になってしまっては元も子もないので、サンプル品などを手に入れて試しに塗ってみるのがいいですよ。

また、日常生活でも気をつけたいところを紹介します。

睡眠不足(十分な睡眠を取れないと肌の細胞がうまく作れない為)

バランスのとれた食事(偏った食事をすると、必要な栄養素がとれなくなります)

夜更かし(肌の細胞は夜に再生されるので夜はしっかり寝る必要があります)

ストレスをためない(ストレスは肌荒れの原因となることでも知られているので、ストレスはためない方が肌に良い)

乾燥させない(紫外線は肌を乾燥させていきます。そうすると肌の保湿力が下がり、さらに紫外線を肌の奥へと通すようになります)

 

紫外線対策にいい食べ物って何?

 

紫外線対策として次におすすめしたいのが食べ物で防ぐということです。

    • βカロチンには活性酸素を抑える働きがあります。

ほうれん草、小松菜、モロヘイヤなどの緑色の野菜に含まれています。

    • ビタミンB2には皮膚の新陳代謝を高め、皮膚を丈夫にする働きがあります。

レバー、うなぎ。いわしなどに含まれています。

    • ビタミンCには皮膚に必要なコラーゲンの合成を促進する働きがあります。

ブロッコリー、いちご、赤ピーマンなどに含まれています。

スポンサードリンク
    • アミノ酸にはメラニンを減らし、シミの抑制する働きがあります。

はちみつ、ネギ、卵などに含まれています。

    • 亜鉛には紫外線に対して、皮膚の抵抗力をつけます。

レバー、うなぎ、かき、鶏のササミなどに含まれます。

中でもおすすめしたい食べ物があります。

それはトマトです。

トマトには、リコピンという成分が入っています。

リコピンには、抗酸化力が優れているので、美肌効果があり、シミなどの原因となるメラニンを生成するチロシナーゼを抑制する働きがあります。
また、ビタミンAやβカロチンも含まれています。

 

紫外線対策にはサプリもおすすめ

 

紫外線対策には、ビタミンCやL-システインが入っているサプリを取り入れるといいです。

ビタミンCにはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑えます。

L-システインには以下のような効果があります。

1.メラニンの生成を抑制
過剰に増えてしまったメラニンを抑制する働きがあります。

2.黒色メラニンの無色化
肌に沈着してしまった黒色メラニンを無色化してくれる働きがあります。

3.過剰なメラニンの排出
過剰に増えてしまったメラニンをスムーズに排出する働きがあります。

 

おすすめのサプリはハイチオールCです。
L-システインを多く含んでいるので、シミ・そばかすに効果があります。
また、価格も比較的安いので、購入しやすいです。

ただし、即効性はなく、継続的に飲み続けることが大切です。

 

 

まとめ

 

日焼け止めをあまり使用したくないなら長袖、手袋、サングラス、帽子、マスクをすることで、さらに効果的になります。

スポンサードリンク

今年の夏はトマトなどを積極的にいれたレシピが良いかもしれませんね。





スポンサードリンク

 - お悩み ,