暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

キャンプで必要な道具と使い方!【初心者】

      2017/03/22

ようやく暖かくなり、キャンプがしたいな~と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
実際に、キャンプではどのような道具が必要か知っていますか?
また、道具の使い方や名前など知っていますか?

初めていく場合、キャンプ場が用意してくれていることもありますが、もし、自分で用意するのであれば使い方が分かっていなければ話しになりませんね。

ここでは、キャンプの道具の解説をしていこうと思います。

スポンサードリンク
  

キャンプではどんな道具が必要?

必要なものは以下のものです。
キャンプ場でレンタルやついてくるのであれば必要ありません。

・テント
・タープ
・テントグランドシート
・インナーマット
・シュラフ
・テントライト
・ランタン
・ランタンスタンド
・懐中電灯
・テーブル
・イス

火を熾すのに必要な道具

・ツーバーナー
・グリル
・木炭
・着火剤
・トング
・軍手
・うちわ
・チャッカマン
・新聞紙

料理に必要な道具

・包丁
・まな板
・箸
・スプーンやフォーク
・ナイフ
・缶切り
・しゃもじ
・お玉
・ピーラー
・ターナー、トング
・食器
・コップ
・鍋
・フライパン

・アルミホイル
・キッチンペーパー
・ジップロップ
・ラップ

洗うのに必要なもの

・スポンジ
・洗剤
・布巾
・ウエットティッシュ
・雑巾

食材関係

・食材(作るものにより準備します)
・油
・調味料
・飲み物

生活に必要なもの

・着替え(宿泊数+予備があるといい)
・予備靴
・バスタオル
・手拭い
・洗面用具(歯ブラシ、石鹸、シャンプーなど)
・枕(バスタオルを丸めてもいい)、毛布、タオルケット
・トイレットペーパー
・ゴミ袋
・ガムテープ
・蚊取り線香
・虫除け
・ムヒ
・絆創膏
・常備薬

一番忘れてはいけない大事なもの

・財布
・携帯
・携帯の充電器
・保険証のコピー
・カメラやデジカメ
・電池

とあげてみましたが、かなりあります。
全て揃える必要はありませんが、必要と思うものは揃えてキャンプに挑みましょう。

キャンプ道具の使い方を知る

テント

ドーム型のものとツールームテントのものがあります。

・ドーム型は、設営も簡単で、寝るだけの広さになります。コールマンやスノーピークが人気です。

・ツールームテントは寝る場所+リビングがあるというイメージです。

ブランドのものが結構出ています。価格もピンキリですが、高ければいいというものでもありませんし、使う頻度や使う場所などで選ぶようにしましょう。
サイズについては、利用人数より+1のものを選びましょう。

スポンサードリンク

タープ

タープは、日差しを作れたり、雨よけになります。料理や食事をするときに必要になります。

・パティオタイプ
メリット:空間が広めにとれる
     設置が簡単
     
デメリット:イスに座ると屋根との距離ができ、日差し、雨が防げない。
      周辺から丸見え

・ヘキサタイプ
メリット:日差しを防ぎ、周囲から見えにくく出来ます。
デメリット:パティオタイプより重くんらい、設置にペグが必要となるので、手間がかかります。

タープがメッシュ生地で覆われたスクリーンタープを利用すれば、雨・日差し、虫除けに効果があります。    

グランドシート

グランドシートはテントの床面の傷つき防止、汚れを防止、湿気の遮断、雨や水の浸水防止などの役割ががあります。
必ず必要なものではありませんが、あると便利です。

テントマット

テントの中は何も敷かないと、地面の石や地面の凹凸などで痛いです。歩くだけならいいですが、座ったり寝たりしますので、こういったマットがあると便利です。

シュラフ

寝袋のことです。

ランタン

電池式やLEDタイプのものが人気です。ガスランタンやガソリンランタンなどもありますが、お子さんがいたり、面倒であれば、電池式でいいと思います。

ランタンスタンド

ランタン専用のスタンドでランタンをひっかけて上からテント内を照らすのに必要です。

懐中電灯

トイレやキャンプ場内を移動するのに必要です。

ペグ

テントやタープ設営の際に必要になります。
詳しくはこちら→ペグの種類

ハンマー

ペグを打ち込む際に必要になります。

ツーバーナー

料理に必要なコンロのことです。

まとめ

キャンプ道具は全て一気に揃える必要はありません。レンタルもあるので、レンタルで試しながら自分にあったものを選び購入していくといいでしょう。

楽しいキャンプを迎えてくださいね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
ペグって何?種類別のメリット・デメリット





スポンサードリンク

 - アウトドア ,