暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

テントの道具ペグとは?種類別のメリット・デメリット!

   

この時期になるとキャンプをやりた~いと思うのですが、皆さんはどうでしょうか?
私が初めてキャンプを経験したとき、ペグってものがなんなのか、ペグの種類や打ち方がよくわからなかったことがありました。
ペグがうまくいかないと強風に煽られて飛ばされたり、綺麗にテントが張れなかったり、ペグ打ちは重要なんです。

ここでは、ペグのことについて紹介していこうと思います。

スポンサードリンク

テントで必要なペグとは?

先にも言ったように、ペグは重要な役割をしてくれているのですが、ペグって一体何だ?と思われる人もいると思います。
というか、キャンプやテント設営初心者さんであれば、知らなくて当然ですね。

ペグとは、テントやタープを固定するのに、打ち込む杭のことです。

ここを厳かにしてしまうと、風に飛ばされる結果になります。

杭をハンマーで売っている姿をテレビやアニメなどで目にしたことがあるのではないかと思います。
それがここで言っているペグ打ちというもので、テントを固定している作業になります。

テント設営に必要なペグには種類が豊富!

ペグといっても、種類が豊富なんです。ペグの種類によって、雪に強かったり、芝生に強かったり、種類と使う場所により使うものが変わるんです。

・プラペグ

キャンプ用のテントやテープを買うとくっついてくる初期装備のペグになります。

向いている場所 メリット デメリット
芝生や土の柔らかい場所 軽くて安い 地面の硬い場所は不向き

ハンマーで打ち込む際に壊れることがある。

ハンマーはゴムまたはプラスチック製を使うと◎

・ピンペグ

プラペグと同様に、付属品としてついてくることは多いです。

スポンサードリンク
向いている場所 メリット デメリット
硬い地面のところ 地面が固くても刺さりやすい 柔らかい場所は抜けてしまうことがある

アルミ製はハンマーで打つと曲がることがある

スチール製がおすすめです。

・ネイルペグ

釘を長く太くしたような形になっていて、頭にはフックがついています。

向いている場所 メリット デメリット
柔らかい地面~硬い地面 安くて使い勝手が良い プラスチックの部分が壊れやすい

抜くときに壊れやすいので注意

・V字ペグ

断面がV字になっているので、V字ペグと呼ばれています。

向いている場所 メリット デメリット
柔らかい地面~やや硬い地面まで

湿った場所でも使える

断面がV字をしているので、抜けにくい 抜いた後についた土がとりにくい

・Y字ペグ

ペグを上から見たとき、Yに見えることからY字ペグと呼ばれている

向いている場所 メリット デメリット
芝生~硬い砂利でも大丈夫 曲がりにくい

抜けにくい

抜いたときに土がつくものがあるが基本的にはデメリットはない

・鍛造ペグ

スノーピークから出ているソリッドステークスが代表です。

ペグの中の最強のペグと言われています。

向いている場所 メリット デメリット
どんなに硬い地面でも大丈夫 曲がることがない

石も砕くことが出来る

重い

柔らかい場所には不向き

 

まとめ

初心者であれば、プラペグなどの付属品でついてくるもので十分でしょう。

スポンサードリンク

慣れてきたり、硬い地面があるところに行く場合は買い足しや買い替えを考えていくようにするといいと思います。

 





スポンサードリンク

 - アウトドア ,