暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

本態性振戦って何?高校生でも発症する?

   

皆様こんにちは!

本体性振戦は手が震えるのが特徴であり、それが1番やっかいなんです。私も小さい頃からずっと本体性振戦なので嫌になっちゃう気持ちはとてもよくわかります。特に、若いうちはとても苦労することと思います。

私の体験を交えつつこの病気についてお話したいと思います。

スポンサードリンク

高校生でなることもあるの?

急に手が震えるようになった人もいれば前から震えてるけど、高校生になったら震えが強くなったって人もいると思います。

まず、高校生で発症することがあるのか?についてなんですが、本体性振戦は人によって発症する時期は異なります。
私が気づいたのは小学校の低学年くらいだったと思いますが、この病気は幼児で発症する人もいれば中学生・高校生・社会人になってから、主婦になってから年をとってから・・・など本当に幅広いんです。
さらに、この病気は悪化していくので、小さい頃から症状がある人は高校くらいから酷くなることもありえます。
悪化するといえば、心が健康じゃないと悪化も早くなります。私はうつ状態にあった時は両手でしないと震えて何もできないって感じでしたから。
うつとの関係について!

なので高校生で本態性振戦が発症することも、悪化していくことも十分考えられます。

本態性振戦の「本態性」とは原因不明という意味で、振戦とは震えのことを指します。要するに原因不明の震えをちょっとかっこよく医療用語で言っているだけなんです。
また、本体性振戦は病気というよりも体質という見方が強く、体質だから気にするなってことらしいです。(私はこれに納得できないんですけどね)
さらに、遺伝での発症の可能性が高く、家族に本態性振戦の方がいる場合は他の家族もなりやすいと言われています。

もしあなたが手の震えで困っているなら、お母さんやお父さん、ご兄弟、おじいちゃん、おばあちゃんなどに手の震えの症状がないか観察してみてみてください。本人が気づいてないこともよくあるので実は家族が震えているってこともありますよ。

スポンサードリンク

本態性振戦の症状はこんな感じ!

本態性振戦の症状は主に震えだけです。震え以外に何も症状がないというのもこの病気の特徴です。
例えば字を書こうとすると手が震える。
例えばコップを持とうとした時に手が震えてこぼしてしまう。
例えば写真を撮ろうとしたら手が震えてぶれてしまう。
例えばテストで震えて失敗してしまう。
例えばご飯を食べるようとしているときに箸を持つと手が触れてしまってこぼしてしまう。
これは手の震えに関しての症状ですが、他にも頭や唇、声、足、首、上半身などんの震えがあり全身に震えが現れるのが特徴です。

どうしたら治るの?

本態性振戦は先ほども言ったほうように原因不明ですのでためこれといって治療法がまだありません。
その為完治することはあまりないと言われています。ただ、症状を改善することは可能かもしれません。というのも、私は以前お薬を飲んでいてそれでかなり改善されました。必ず良くなるというものではありませんが、私には効果があるお薬でした。
副作用の心配も全くないわけではないので、もし薬を飲みたくないと言うのであれば気にしないことが1番の薬になるようです。

症状に心配があるのであれば一度神経内科を受診してくださいね。
高校生ですと親の許可が必要かと思いますのでまずは親御さんに相談して近くの病院へ連れて行ってもらいましょう。

余談ですが、去年あたりに切らずに超音波で治療するというものが大学病院で行われるようになりました。
ただ、まだ保険適用にならないため全部実費になり金額や細かいことなど全くわかりませんが、将来的にはこれがメジャーな治療として定着してくればあなたのその手の震えも治すもしくは改善することができるかもしれません。

まとめ

スポンサードリンク

今は辛いかもしれませんがまだまだこれから医療が発達していきます。今すぐ治さなくて良い病気だから今は学生生活を楽しんでほしいと思います(^-^)





スポンサードリンク

 - 病気 ,