暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

バーベキューの炭の片付けは再利用や保管次第で使い回しが可能に!

      2017/03/17

楽しく始まったバーベキューですが、炭の後始末ってとても困るんですよね。
捨てるにしてもそのまま捨てていいのかわからないし、何ゴミとしてだしてもいいかわからないので、毎回困っています。

また、再利用出来るなら再利用したいなと思いますよね。再利用する方法なんかもあるようですので、バーベキューをする計画があるなら参考にしてみてくださいね。

バーベキューの炭の後処理や後片付けの方法は?

炭って一度着火すると、なかなか消えてくれませんので、帰りに結構バタバタしちゃんですよね。それで、イライラしちゃったり、帰り際に良い思い出が嫌な思い出になってしまうこともあるので、処理をする時間も考えながらバーベキューを楽しんでくださいね。

・火消し壷

これは、密栓が出来る缶で、炭を酸欠状態にして、自然に消化させます。
安全で、かつエコにもつながります。

火消し壷に入れたまま保管ができ、次回バーベキューをするときにも使えます。

お菓子の缶なども使うことは出来るのですが、缶がとても熱くなるので、火傷にご注意です。

・水で消す方法

炭を一つ一つバケツの水に入れていくという方法です。少し手間がいりますが、火消し壷がない場合は、この方法がいいでしょう。

注意点

1.グリルに直接かけるのはダメ

水を一気にかけたいという気持ちはよくわかりますが、グリルに水をかけてしまうと熱い水蒸気が飛び散り、やけどの恐れがあります。
他のバーベキューの方にも迷惑になります。

・最後まで燃やす

時間に余裕があるのであれば、炭が燃え尽きるまで待ちます。

消したあとはどうする?

消した後のものは、会場内に捨てる場所があれば、そちらで破棄していけばいいのですが、なければ、自宅に持ち帰り、燃えるゴミとしてだしても大丈夫です。

灰などは、肥料にすると良いので、花壇や畑があれば、土に混ぜてしまえばOKです。

次回利用するならこれから紹介する再利用の方法もお試し下さい。

スポンサードリンク

バーベキューで使った炭は再利用出来る?

先ほどからちょこちょこ書いているので、気づいた人もいると思いますが、バーベキューで使った炭はもちろん、再利用できます。

全部という訳ではありませんが、ある程度大きさがあるものであれば、再利用可能です。

それだけでなく、使用済みの済は火付きがよくなるので、次使う時は楽です。

ただし、安い炭は一度使うと砕けてしまい再利用ができない場合があります。

火付けツボの場合であれば、そのままで、再利用できますが、水を使って消した場合は、乾燥させなければいけません。

一日くらい乾燥させれば、良い着火剤になるので、再利用も考えて下さい。

バーベキューの炭の管理方法は?

湿気を含ませないことが重要です。
十分に乾燥させた炭は、乾燥剤を入れたビニール袋で保存します。
このとき、湿気を含んでしまった状態で火をつけると、爆発する可能性もあります。

火消しツボがあればそのまま保管しても大丈夫です。

まとめ

スポンサードリンク

バーベキューはみんなのマナーが大切です。
使った炭をその場に捨てていくことは良い事ではありません。きちんとして処理方法をして、土に返してあげてくださいね。





スポンサードリンク

 - アウトドア ,