暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

手の震えは悪化する?薬以外でできること!

   

最近気になりだした手の震えがだんだん悪化しているそう思うとなんだか不安になってきますね。

手の震えで考えられる病気はパーキンソン病、脳梗塞、多発性硬化症、甲状腺機能亢進症、アルコール依存症、低血糖症によるもの薬によるものなどがあります。
これらの病気はどれもずっと震えるというわけではなく急に震えが起こることが多いです。また手の震え以外にも症状が現れることがあります。

逆にもしあなたが増え以外に何も症状が無く昔からこの手が震えるという症状があるのであれば本態性振戦という可能性が高くなります。

スポンサードリンク

本態性振戦と悪化について!

本態性振戦とは以前は老人高齢者に発症すると言われていました。しかしこの本態性振戦は若い人にも見られ、10代から80歳ぐらいまでの幅広い年齢層に渡ります。

この本態性振戦の原因というのはよく分かっていませんが家族内での同じ症状を認めることが多く遺伝的要素が感覚関係していると考えられています。
この病気は人前で特に悪化しやすいもので、例えば字を書こうとしたら震える、コップの水を飲もうとすると震える、お箸で物をつかもうとすると震えるといったことが起こります。
私も同じ病気なんですが徐々に悪化しています。

本態性振戦は悪化する?

本態性振戦で悩まされている人は多くの人が悪化していると感じています。
私の実際の体験でのお話ですが、こんな感じです。

私は小学生の頃から手の震えに悩まされてきました。
中学高校と進むにつれての震える頻度というのは増えていきましたが、さほど気にはなりませんでした。正確には気にはしていたけど、それ以上に気持ちをわかってくれる人が周りいたから乗り越えられたといった方が正しいかもしれません。
大人になって社会人になると学生のとき以上にストレスがかかりますし、緊張する場面というのは増えていき、こういう緊張やストレスがかかることにより震えはひどくなっていきました。
今は一人で行っても震えるようになってしまいました。

悪化したからといって何もできない。

この本態性振戦は原因がわかっていないため、これをすれば治るといったものはありません。病院に行けばお薬は出してもらえますが、この薬は完全に手の震えを治すものではなく一時的に抑えるだけで、効果も人によっては全く効かないこともあります。
さらに、一時的に治っていればいいのかもしれませんが、それを毎日毎日薬を服用し月に何回か病院に通うというのはすごくストレスになります(それくらい我慢しろって話かもしれませんけど)

私も以前までは1年くらい通っていたのですが、やはり途中でめんどくさくなって通うのをやめてしまいました。

スポンサードリンク

今現在手の震えは一人で行っても震えるんですが、それ以外は人前で何かをすることを避けるその状況から逃げることに力を入れています。

薬以外で手の震えを抑えるには?

この状況から逃げるということはあまり良くないとも言われるんですが、例えばその状況から逃げずに体が震えたせいで失敗してしまったら・・・その経験を積めば積むほど人はどんどんどんどん手の震えをひどくなると思います。
なるべくそういった失敗の経験を積まないためにも逃げるという手段は有効だと思います。

体調が悪くていけないとか手を怪我していると嘘をついてみたり。とてつもない嘘はいけないけど、やむを得ない嘘であればしょうがないと思います。

この他に有効な手段としてはカミングアウトですね。
皆さん初めて手が震えているのを見た時はやはりおどろき変な目で見ようとします。しかし、その原因をわかればそこまで酷い目で見られることはないと思います。(もちろん、全員がすんなりと理解することはないと思いますし、理解しろとも思いませんが)
初めてその人の前で初めてものを字を書くときや食事をする際など「私はもともとこういう風に手が震えるんだよね(笑)」一言添えておくと相手の方も変に身構えず自分自身も楽な気持ちで相手との食事や字を書くといったことができると思います。

またお医者さんから言われたことですが気にしないことが一番重要だと。それは多分皆わかっていることだと思います。それができるならば何も悩まないだろうし。

あとは手を見ないでやると意外と抑えることができます。
手を見てるとこのタイミングで震えたらどうしようって気持ちがダイレクトに手に伝わりますからね。手を見なきゃどのタイミングでってのがわからない為手へのプレッシャーを減らせます。

ちょっと変わってるけど、有効だなと思ったのはわざと震えさせることです。これは同じように本態性振戦で悩んでいる人がいるお友達から聞いた話なんですが、無理やり震えさせることで逆に震えがおさまるんだそうです。
私も一度これを試してみたんですがそんなに激しく震えることもなくむしろ震えるって難しいなーと感じたぐらいです。こんなに小刻みに震えてる私の手って凄いなあと感心してしまうほどでした(笑)

皆さんももう一度お試しください。

本態性振戦の場合、薬での治療が真っ先に行われるのですが、この他にも手術があります。
手術はペースメーカーのようなものを埋め込む為リスクも高いのであまり積極的には行われていないと思います。

去年あたりから超音波で治療ができるようになったという記事があったので参考までにリンクを貼っておきますね。
切らずに治療ができるらしい

まとめ

はたからみたらたかが手の震えなんですが、悩んでいる人本人からする辛い悩みです。
周りの理解も重要なことだと私は思っていて、周りが笑ったり、馬鹿にしたり、イライラしたりするのは悪化にしかつながりません。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。
手の震えは遺伝する?





スポンサードリンク

 - 病気 ,