暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

空腹になると手が震えるのはこれが原因かも!

   

手の震えは心配でもあり、不安でもありますよね。
その手の震えがお腹がすくと特に現れる場合はある病気かもしれません。

ここではその病気についてのご紹介をしています。
心配な方は参考にされて下さいm(_ _)m

スポンサードリンク

お腹がすいて手が震える場合は低血糖症の可能性?

お腹がすくと手が震えるそんな症状がある場合は低血糖症と言う病気かもしれません。

低血糖症とは血糖値が普段より下がり、それにより症状が現れた状態をいいます。
低血糖症は糖尿病の人がなりやすい症状をとる言われていますが、そうでない人もなることがあります。

例えば、食事を抜いたり、食事の量を量が少なすぎたり、下痢や嘔吐などで十分に食事が取れてない時など低血糖を引き起こすことがあります。(絶対ではありません)

また、普段あまり運動しない人や運動はしているけどさらに激しい運動をした後言うた時にも発作のように症状が現れることがあります。

低血糖になりやすい人

こんな人はなりやすいと言われています(絶対はありません)
・下垂症
・胃酸過多症
・貧血
(これら3つは消化不良が原因であることが多いです)
・先天的膵臓の機能障害
・先天的糖尿病体質

低血糖症になるとどんな症状が現れるの?

低血糖症の症状は二つに分かれていて、神経症症状と中枢神経症状なります。
血糖値が急激に下がる場合は自律神経症状が多く見られ、血糖値が緩やかに下がるときは中枢神経症状が多く現れます。

スポンサードリンク

1.中枢神経症状
中枢神経症状は意識の混乱、集中力の乱れ、眠気、頭痛、痙攣、昏睡などで最悪の場合死に至ります。
2.自律神経症状
自律神経症状は発汗、震え、不安、動悸などで糖分を摂取するとすぐに改善することが多いです。

もし空腹時に手が震えるだるいみたいな症状がある場合にはまずは砂糖を少し口にしてみてください。(5g~10g程度)
砂糖がない場合はジュースブドウ糖を含むジュースを飲むといいでしょう。
ただし、オリゴ糖や多糖類と呼ばれるものは吸収に時間がかかるためあまり良くありません。

これで一時的には症状が回復するしますが、なるべく早く医療機関を受診するようにしてください。

低血糖の診断方法と予防について!

低血糖症では、血糖値が重要になってくるので、血糖値の測定をします。低血糖の症状が現れたときに計測します。

生活習慣の改善で低血糖を予防しよう。
低血糖症は食生活や生活習慣を見直すだけでも予防ができることがあります。
常日頃お菓子や甘いもの炭水化物をよく摂るような人、普段運動をしない人というのは低血糖症になりやすいと言われています。バランスのとれた食事と適度な運動が予防につながります。また心心配な方は砂糖やちょっとした甘いものを持ち持ち歩き症状が出始めたらすぐに口にするのでも対策にはなります。

まとめ

手の震えが現れたら必ずしも低血糖という訳ではありませんが、空腹時に特に手が震えて食べると治るという場合にはかなり可能性が高くなります。
自分で判断することは1番良くないのでぜひ一度お医者さんにご相談下さいm(_ _)m

スポンサードリンク

それではまた!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。




スポンサードリンク

 - 病気 ,