暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

手の震えはバセドウ病の可能性?症状や治療について!

      2017/04/04

手が急に震え始めるとおどかれるかと思います。手の震えと言うとバセドウ病、パーキンソン病、本態性振戦といった病気が疑われますが、ではバセドウ病ってどんな病気なんでしょうか?
バセドウ病についてと原因や手の震えの関係についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

バセドウ病って?

バセドウ病は甲状腺機能亢進症と一緒意味として使われていて、この二つはイコールになっています。実際には細かい違いがあるようですが、ここでは一緒という意味で書かせていただきます。
バセドウ病は若い女性がなりやすい病気と言われていますが、40代から50代もなりやすいとも言われていて男性より女性の方がかかる率が高いと言われています。

バセドウ病とは?

バセドウ病は甲状腺の病気です。
「免疫」という言葉を聞いたことがあるかと思います。通常、免疫は外部から侵入してきた悪いものをやつける体の大事な大事な機能です。
しかし、この免疫が何らかの理由で甲状腺を攻撃をし始めることがあります。この状態を自己免疫疾患と読んでいます。免疫が甲状腺を攻撃することにより「甲状腺ホルモン」という物質が過剰に分泌されてしまいます。甲状腺ホルモンは新陳代謝を活発にするので過剰に分泌されたホルモンにより体が元気になり過ぎてしまい動悸、発汗、手の震えといった症状が現れます。

バセドウ病の症状

バセドウ病になると目が突出したり首が腫れたりといった症状が現れるのが特徴ですので手の震えの他にこんな症状がある場合は注意が必要ということです。

スポンサードリンク

・生理不順、生理が止まる
・皮膚の症状
・手足が震える
・脈が早くなる
・食欲が増えるもしくは落ちる
・イライラする
・汗をかきやすくなる
・疲れやすくなる
・体重が減る(食欲はある)

などといった症状が代表的なものです。

どうしたら治るの?

バセドウ病の治療法は3通りあります。
・薬物治療法
・手術
・放射性ヨード治療
症状の程度や年齢などにより治療法が決まりますが、1番はじめの治療は薬物治療だと思います。薬物治療で様子をみてそれでもダメならという場合に他の治療を選択していくことになります。

バセドウ病の場合は血液検査ですぐにわかります。もしバセドウ病と似た症状が現れているのであれば内科や内分泌科を受診するとすぐにわかると思います。

バセドウ病は一生治らない病気ではないですし、きちんと治療していけば早くに症状を改善できます。
バセドウ病を患っている人は芸能界にもいらっしゃいますよね。最近有名になった方だと歌手の絢香さん!
絢香さんは活動休止し治療に専念されていましたが、復帰をされ歌手活動をされていますし、お子さんも生まれてママとしても頑張っています。
今は状態も安定していて活動をしているのを見かけますが治ったわけではないようですし、人によっては一生薬を飲み続ける必要があるようです。
あと、サッカー選手の本田圭佑さんもバセドウ病のようですね。

まとめ

バセドウ病は手の震えも出ますが、それ以外の症状が沢山あるのでおかしいなと思ったら早めに病院を受診してくださいね。
無理をせずに休むことも大切です。お体を大事にしてくださいねm(_ _)m

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。




スポンサードリンク

 - 病気 ,