暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

10代で手が震える原因は?病気なら何科を受診すれば良いの?

   

はい、どうも!皆様こんにちは!

手の震えって意外と危ない病気が隠されていることもあります。
今回は10代の手の震えの原因や考えられる病気、何科を受診すべきなのかについてご紹介したいと思います。

手の震え10代原因となる病気は?

何をしている時手が震えますか?例えば安静にしている時もしくは何かしようとしたときに震える古いを止めようとすればさらに震える窓震える時の状況を思い出してみてください。

特に若い人だと不安に思うことの方が多いかと思います。

1、パーキンソン病

パーキンソン病は何もしない時に震えるのが特徴で体が動きにくくなるといった症状もあります。ゆっくりと進行していく病気で、主に40歳~50歳以降の方が発症しやすい病気ではありますが、10代で発症することもあります。
パーキンソン病は手の震えで最も疑われやすい病気の一つです。

2、甲状腺機能低下症

甲状腺機能低下症はバセドウ病とも言われていますこの病気は甲状腺と呼ばれる部分からの分ホルモン分泌が異常になるため自律神経のバランスが崩れために起こります。

この病気の場合は常に眠かったり全身がだるいといった症状や新陳代謝が活発になるため食欲はあるのに体重が減ったいくのも特徴であり、それに加えて便秘になりの月経になることもあります。

3、低血糖

血糖値というのは食事の内容によって変動しますがこの血糖値が大きく低くなってしまうと低血糖を引き起こします。

低血糖は過度なダイエットなどでも引き起こされるためダイエットをしていて手の震えがある場合は注意が必要です。また、お腹が空いている時に手が震えやすいという場合は低血糖の可能性が高いです。
手の震え以外の症状に動悸がしたりイライラすることもあります。

スポンサードリンク

4、本態性振戦

以前は心の病気や高齢者の病気とも言われていましたが、最近は若い人も発症するようになってきていて、家族間での遺伝も関係しているとも言われています。しかし、今はまだ原因ははっきりとはわかっていません。
私もこの病気で正確な年齢は覚えていませんが小学生の頃にはもう震えていました。給食の配膳や黒板に出て書かされるとかめちゃくちゃ嫌でしたね。今も前に出て答えを書かされることはあるんでしょうか?
私の中で黒板に書くのが1番のトラウマになっているのでトラウマを作らないためにもなくなれば良いと思います。(勝手な意見ですが)最近はタブレットとかもあるからいずれはなくなるのかな?
本態性振戦はそういった失敗の経験が積み重なり症状が悪化していくので人前で何かすることは極力避けたいと思うものです。
特に子供って悪気はない場合が多く、傷つけてるつもりがないってこともよくあります。もちろん、わざとパターンもありますけどね。

本態性振戦は特に字を書くとき好発年齢は20歳と言われていますが私のように小さい頃から手が震えている人もいます。
本態性振戦は原因がよくわかっておらず治療法も確立されていないためなおすということは不可能に近いのですがお薬でも改善を図ることはできるので心配な場合は病院へいきましょう。

病気かもと思ったら何科にかかればいいの

押手の震えで思い当たる節がある場合何科にかかればいいのでしょうか?

まずは神経内科を受診することをお勧めします
神経内科ではパーキンソン病やバセドウ病といった病気を排除しながら原因を突き止めて行ってくれます
適切な薬を飲めば手の震えは改善するかもしれません
また緊張をしない環境を作るということも重要なのかもしれません

まとめ

10代で手が震えるのは心配な気持ちの方が大きいかと思いますが、今はいいお薬や治療法などがあるので早めに病院へいば今の状態を改善できることもあります。
一度受診をして検査をしてもらってくださいm(_ _)m

スポンサードリンク

それではまた!!





スポンサードリンク

 - 病気 ,