暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

子供の手の震えの原因は風邪や薬のせいなの?

   

はい、どうも!皆様こんにちは!

子供の病気には悩まされますよね。不安だし、大きい病気だったら・・・と思うと病院に相談しに行った方が良いのかな?とも思っちゃいますよね。
でも、少し落ち着いてお子さんの様子を見て見てください。

今回は手の震えについてなんですが、お子さんの手の震えは風邪をひいてから始まりましたか?
風邪が直接関わっているというより風邪をひいたことで処方されている薬からの影響の可能性があります。

ここでは子供の手の震えについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
  

子供の手の震えは風邪のせい?

一度手の震えに気が付くと常に震えているような気がして気になっちゃって何度も見返して見たり、子供に聞いてみたり・・・見れば見るほど重症に見えてきちゃって何か変な病気なんじゃないか?とかうちの子の震えがこのまま止まらないんじゃないか!とか不安ばかりが募っちゃうんですよね。

でも、一度落ち着いてお子さんをよく観察してみてください。

子供さんの手の震えはいつから始まりました?
子供さんの手の震えはどのタイミングで起こりますか?
手の震えが始まる前・始まったあとで変わったことはありませんでしたか?

風邪をきっかけに震えが始まったのであれば考えられることとしては薬が影響している可能性です。薬って必ず副作用があり、絶対に安全な薬ってないですからね!
あなたのお子さんの薬の中にこんな薬が入っていれば副作用の影響かもしれません。

スポンサードリンク

もちろん、熱のせいで震えるってこともあり、熱の上がり始めで寒くて震えている場合や熱性けいれん(この場合は意識がなく体全身が震えるのですぐにおかしいと気づくと思います)などがあり、そういったもので震えている場合は薬の影響ではありません。

薬のせいで手が震える?

喘息の方は経験があるみたいなんですが、気管支を広げる薬って手が震えるって症状が出ることが多いんだそうです。

今回お子さんに気管支拡張剤といった類の薬は出ていませんか?
この気管支拡張は喘息の方に気管支を広げ呼吸を楽にする目的として使われているんですが、喘息でなくても咳やゼーゼーして呼吸が苦しい場合にも処方されるものです。
うちの子も咳が酷くなると処方されることが結構あり、私自身も処方されたことがありますが、かなり楽になるんですよね。

気管支拡張剤でよく出される薬としては

・ホクナリンテープ(背中に貼ってくださいってよく言われる小さなシップみたいなやつです)
・メプチン(吸入タイプのもの・錠剤タイプのもの)

で、この二つのどちらかが処方されていたら薬の影響のよるものの可能性が高くなるので薬を疑ってみて下さい。どちらの薬も副作用に手の震え・動悸が多く報告されています。

気づいたら無理に服用や使用はせずにかかりつけの病院へ問合わせてみて下さい。大抵の場合、薬を中止してくださいと言われます。中止して手の震えの症状が出ていなければ薬の影響であったと考えてまず間違いないでしょう。

それでも手の震えが止まらない場合は病院を受診し相談してみてください。
病気が隠れている可能性も絶対に0という訳ではないので。

まとめ

薬を飲んだから安心ではなく、副作用のことも頭の片隅に入れておくと安心かもしれません。私は初めてもらう薬は、副作用の部分だけでも読むようにしています。
子供の手の震えに大きな病気が隠れている可能性は少なそうですが、不安な場合は病院を受診するようにしてください!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

スポンサードリンク

若い人の手が震える?原因は緊張?病気?
緊張で手が震えるのを改善するには病院へ行くべき?





スポンサードリンク

 - 病気 ,