暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

日焼け止めが石鹸で落ちない!落とし方とクレンジングについて!

   

はい、どうも!皆様こんにちは!

日焼け止めが必要なシーズンがやってまいりました。日焼け止めを塗って日差しの強い日でも安心!と昼間を過ごすんですが、夜お風呂に入って日焼け止めを落とそうとするとなかなか落ちないって感じることないですか?

私は毎回感じていてお風呂に入ってもさっぱりしないな~と感じていました。

石鹸で綺麗に洗ってるのになぜ?

そんな疑問を持っている方が沢山いるような気がします。

ここでは日焼け止めの落とし方についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

石鹸では落ちないものなの?

日焼け止めは石鹸では落とせないものがあります。ただ、日焼け止めに「石鹸で落とせる」と書いてあれば石鹸だけでも大丈夫です。
特に記載されていない場合は落とせない落ちたと思っても実は落ちてないという可能性があります。
中でもウォータープルーフのものは耐水性が強く落ちにくくなっているものが多いです。

きちんと日焼け止めを落とすことができていないと肌はダメージを受けていき肌トラブルを引き起こす原因になることもあります。

日焼け止めには界面活性剤という成分が含まれていて、界面活性剤により保湿がうまくいかなくなり、乾燥してしまいシミやシワといった肌トラブルを引き起こします。
さらに、ウォータープルーフタイプのものは毛穴をふさぐ為ニキビの原因になったり肌荒れを引き起こすこともあります。

日焼け止めだってシミやシワの予防の為につけてるのにそれが逆にシミ・シワにパワーを与えていると思ったら恐ろしいですねΣ(゚∀゚ノ)ノキャー
女性にとって肌トラブル問題は絶対に絶対に避けたいところ。

なので日焼け止めを落とすことはとっても重要ということになります。

でも、石鹸で落ちないものをどうやって落とせば良いの?(´Д`)ハァ…

一つの方法としては石鹸でも落とせる日焼け止めを購入してみてはどうでしょうか。

今使ってるやつが余ってるよ!って人はクレンジングを使う方法を試してみてはいかがでしょう?

スポンサードリンク

クレンジングは必要なの?

石鹸で落とせないタイプで特にウォータープルーフのものって耐水性もありかなり頑固なのでなかなか落ちません。
そこで必要となるのがクレンジングオイルです。日焼け止めが残っていると先ほど説明したように肌トラブルに見舞われます。それでは元も子もないのでくレンジングオイルでしっかり落としておきましょう。

日焼け止めの製品によっては専用のクレンジグも売っていますが、効果なものも多く、そこまでこだわりがないのであれば安いものを薬局などで手に入れてきましょう。体用のクレンジングも販売されているのでそういったものを使う方が肌にも良さそうな気がします(*´∀`*)
おすすめのクレンジング

洗い方としては顔を洗う時と同じで大丈夫です。
クレンジングがおわったら石鹸でしっかりと洗って下さいね。

クレンジングなんて面倒だわ~と思う人は石鹸でも落とせるタイプのものや最近はお湯で落とせるものもあるのでそういったものに切り替えると楽になるかもしれません。

落とし方の注意点はコレ!

クレンジングやボディーソープを使うのはもちろんですが、注意すべきこともご紹介しておきます。

1.ゴシゴシ洗いはよくない

落ちないからといってゴシゴシ洗ってしまうのはお肌によくありません。肌を傷めないためにも優しく洗うのがポイントです。
顔を洗う時はゴシゴシ洗わないですよね?スポンジを使って顔を洗うってことも少ないかと思います。顔を洗うイメージで体を優しく手で洗ってみてはいかがでしょうか?

2.保湿を忘れないで!

日焼け止めには乾燥の原因となる成分が含まれていたり、どんなにいい製品であっても肌へのダメージは受けますので日焼け止めを落とした後はボディーローションなどで保湿をしっかりと行いましょう。

まとめ

日焼け止めが落ちない!で困っていた方もこれで解消されるのではないでしょうか。
ちなみに、私は今まで使っていたものをやめて石鹸で落ちるタイプを購入しました。

日焼け止めを塗ったらおしまいではなくその後のことも考えて購入していくと無駄にならないで済みますよ(*´∀`*)

それではまた!

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!
日焼け止め去年のものでも大丈夫?
化粧をするときの日焼け止めの順番は?





スポンサードリンク

 - お悩み ,