暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

潮干狩りへ電車で行く場合の持ち帰り方と持ち物!

   

75ade09f2ddd33163fc6d2889bd2155a_s

はい、どうも!皆様こんにちは!

潮干狩りシーズンの到来ですね。

潮干狩りに行く場合車の方が何かと便利ですが、車の渋滞や駐車場の問題など車だからこそ面倒なこともありますよね。
でも、電車で行くとなると荷物のことやあさりの持ち帰り方ってどうすりゃいいの?って問題が出てきます。

電車の場合どうやっても持ち帰るのが良いのか?それに伴う持ち物って何が良いのか?などの紹介をしていきたいと思います。

スポンサードリンク
  

電車で行く場合の貝の持ち帰り方法!

短時間であればビニール袋に海水を入れて持ち帰る方法でも十分です。ただ、この方法は近場の人向けなので、移動時間が2時間もかかるのであればやめておいた方が良いです。

長時間移動するならクーラーボックスがあると便利です。貝は温度の変化に敏感で温度が高くなってしまうと死んでしまう可能性があります。気温が高い日はビニール袋などに氷や保冷剤を入れてそれをクーラーボックスにいれておけば温度調節も可能になります。

海水に浸す必要がある?

あさりは海水に浸ってなくても半日~1日は元気ですので海水に絶対入れなきゃいけない訳ではありません。

海水につけると砂抜きを出来るというメリットがあります。砂抜きって半日以上かかるのですぐ食べたいって方には移動中にできていると時短になります。ただ、デメリットもあって長時間海水にさらされたり、揺れが激しいと貝たちは弱ってしまい味が落ちてしまうということです。

海水を入れて持って帰る場合は、フタ付きの容器があった方がいいです。蓋が付いてないと海水がこぼれてしまうことがあります。

スポンサードリンク

海水を入れて持って帰る方法はこんな人におすすめです。
・早く食べたいって人
・荷物を増やしたくない人

海水につけないで持ち運ぶ方法は?

私のおすすめの持ち帰り方法は、海水を入れずに持って帰る方法です。温度の変化にさえ気をつけていれば海水に浸っていなくても半日~1日は大丈夫と言われていますので、海水には入れずに持ち帰ってもらえれば鮮度を落とさずに美味しくいただけます。

ただ、海水(砂抜き用に必要)や保冷剤を持っていく・入れるという手間と荷物が増えるというデメリットがあります。また、すぐに食べたい人には向かない持ち帰り方です。

海水に入れないで持って帰るならビニール袋または濡らした新聞紙で貝を包んでクーラーボックスに入れて貝に直接保冷剤に当たらないようにしておけば大丈夫です。

海水を入れずに持って帰る方法はこんな人におすすめです。
・手間や時間がかかっても鮮度は保ちたい

潮干狩りへ電車へ行く場合の持ち物は?

・熊手
潮干狩りに必要不可欠なものですので必ず持っていきましょう。

・網やバケツ
採った貝を入れておくのに必要です。電車での移動を考えるとバケツはかさばるので網の方が良いですね。

・手袋や軍手
怪我をしないようにあると便利なものです。

・タオル
濡れた体を拭くのに必要です。

・日焼け止め
夏のような日差しではないけど、この時期って1番日に焼けるとかいいますのであった方が良いでしょう。

・クーラーボックス
持ち帰るのに必要となります。ハードケースでなくてもソフトケースのクーラーボックスでOKです。
行きは飲み物や保冷剤などを入れて持っていけます。

・保冷剤
持ち帰る際に温度調節に必要となります。

・ビニール袋また新聞紙
貝を入れるのに必要です。

・空のペットボトル2L
砂出しの時に必要な海水を持って帰るのに必要になります。

まとめ

電車での持ち運びはそこまで難しくないです。ただ、荷物がいっぱいになってしまうことは避けられないですね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!
潮干狩りとバーベキューが楽しめるスポットin神奈川県





スポンサードリンク

 - アウトドア ,