暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

帯状疱疹の薬は高いらしい!?費用はどれくらい用意する?

      2017/05/17

はい、どうも!こんにちは!

皮膚にピリピリ・チクチクした痛みがあると不安ですよね。帯状疱疹かもしれないし違う病気かもしれないし、どっちかわからないけど病院にはいかなきゃいけないですね。
>>>帯状疱疹の初期症状は?
そこで問題となるのがお金のことです。帯状疱疹はどうやら高いと聞いたことありますか?
皮膚科に言って、そんなにかかるの!?用意してなかった(;´д`)とか思わぬ出費にどこか削らないと(つд⊂)とかになってしまいます。予め知っていれば覚悟ができているので慌てることもないと思うので私が実際にかかった時の値段と高い理由をを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
  

帯状疱疹の費用はどれくらい?

帯状疱疹の薬の費用の発表をしたいと思います。

私の場合、薬代が1週間で6000円ほどでした。診察に1200円だったので合計7200円でした。
私の周りで帯状疱疹になった人にも薬代を聞いてみたんですけど、安い人5500円高い人で7000円くらいでした。
その内訳は
・バルトレックス(抗ウイルス薬) 1日3回×7日分
・軟膏 1本
・痛み止め 1日3回×7日分
・メチコバール 1日3回×7日分

私の場合は4種類処方されました。
この中でもっとも高いのが帯状疱疹で代表的な抗ウイルス薬のバルトレックスという薬です。これがめっちゃくっちゃ高いんですΣ(゚∀゚ノ)ノ

この薬の1錠の金額が500円ほど。
これを1回に2錠を朝・昼・晩の3回を飲むことになるので1日に6錠飲むことになります。ですので、500円×6錠で3000円になり、これが7日分なので21000円になります。保険が適用されないと21000円となりますが、大体の人が3割負担になるので6300円となります。
バルトレックスはジェネリック(バラシクロビル錠500mg)があるのでジェネリックになると1錠219円ほどになるので7日で2800円になります。
ジェネリックになると半分近くの金額になるので費用で不安がある方は医師に相談してみてくださいね(*´∀`*)

スポンサードリンク

抗ヘルペスウイルス薬はバルトレックス以外にもゾビラックスやファムビルといった名前の薬があります。どの薬も作用と効果の違いはほとんどないようです。実際のところはわからないことが多いみたいなんですけどね。

なんだか算数の問題のようになってしまいましたが、結論です。
抗ヘルペスウイルス+痛み止めなど+診察代となるため一回の金額が1万近くなってしまうということです。

帯状疱疹の薬はなぜ高いのか?

抗ウイルス薬と一緒に出される痛み止めなどの薬価が
・ロキソニン 1錠22円
・メチコバール 1錠17円
・軟膏 28円
なんです。それに対して抗ヘルペスウイルスが1錠500円なので10倍以上なんです。

では、なぜこの薬がこんなにも高いのか?

以前、帯状疱疹に使われていた薬というのがゾビラックスです。ゾビラックスは非常に優秀な薬なのですが、効果を得るために1日2錠を5回も飲まないといけないんです。1日にたくさんの量を飲むというのはしんどいですよね。
そこで、量を減らしても同じ効果を得られるようにと作られたのがバルトレックスなんです。従って、薬の値段が上がってしまうということなんです。
高いからと放置してしまうと神経痛に何年も悩まされることもあります。1万をケチったせいで将来ずっと痛い思いをして過ごす方がよっぽど体も経済的にもしんどいと思います。ですので、治療費は必要経費だと思って払ってくださいね(;´д`)

まとめ

スポンサードリンク

帯状疱疹かなと思って受診される場合は諭吉さんを財布に忍ばせておくと安心です。
金額的に厳しい場合は医師に相談してジェネリックにしてもらえないか聞いてみてくださいね。決して放置はしないようにして下さい。
お大事に!!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。




スポンサードリンク

 - 病気 ,