暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

豆まきでまいた豆はどうする?家の中や外の掃除を楽にする!

      2016/10/15

節分といえば、やっぱり豆まきですよね!最近では恵方巻きが定番になりつつありますが、豆まきも節分の楽しいイベントです(´∀`)
豆まきをやっているときは楽しいし、ストレス発散にもなるんですけど、豆まきが終わってからの片付けが面倒ですよね。それさえクリアできれば心置きなく豆まきできますよね。
豆まき後のお掃除について紹介していきたいと思います!!

スポンサードリンク
  

豆まきでまいた豆はどうしてる?

豆まきで使われる豆には悪霊をはらう力があると考えられていて、豆の力によって邪気をはらうことを目的として豆まきがされてきました。
なので、豆まきをした後の豆は捨てないで食べる方が良いんです。豆パワーを頂けるのでね(´∀`)ただ、豆ってねそんなおいしいものでもないですし、沢山食べれるものでもないんですよね。小さい頃は年の数だけじゃ物足りなかったけど、大人になると年の数だけ食べるのも一苦労になってしまったり(・・;)
そんな「福茶」として飲むと良いですよ~。福豆にお茶を注ぐだけなので簡単です。味付けとして、梅干や塩昆布をいれると美味しく飲みやすくなります。ぜひお試し下さい♪

豆まきの豆を簡単に掃除する方法

豆まきの豆は食べたほうが良いですよ。とお伝えしましたが、落ちたものを食べるのは気が引ける・・・って思う方もいると思いますし、豆はどうしても嫌って人もいるかと思います。そんな人にとって豆まきは面倒な行事でしかないのに、子供にせがまれてやるなどしぶしぶやっているご家庭も。せめて豆の掃除くらいは簡単に済ませたいと誰もが思いますね。

掃除を楽にする方法

豆を撒く部屋を決めておく。いろんな場所に撒かれると掃除がとても面倒ですね。でも、ひと部屋だけと思えば頑張れそうな気がしませんか?なるべくものが少ない部屋にして豆を撒く前にはきっちり掃除をしておくこともポイントです。
また、できればその部屋の床にはビニールシートや新聞紙を引いておくと後片付けが簡単になりおすすめです。豆まき前の準備が大変になりますけど、これで掃除はとっても楽になります。

豆がバラバラにならないこんな方法

ティッシュやサランラップに数粒入れて輪ゴムで結んでそれを撒きます。これならバラバラに散らばる心配もないし、拾うのも簡単ですよね。
小分けにされた豆をそのまま撒くという方法もあります。

豆ではない代わりのモノ用意する

大豆だから掃除も面倒だし、食べるのも大変なんですよね。なので、大豆ではないものを用意しちゃえば良いんです。地域によっては落花生をまくっていうところもあります。落花生なら拾うのも簡単だし、落ちても殻がついているので食べれますね。
ただ、沢山食べるとなると辛いものがありますがヽ(´Д`;)ノ
私がおすすめな代わりのものは落花生ではなく、お菓子なんです。以前テレビでやっていて実際うちでもやったら大喜びでした。掃除も食べるのも苦にならないので。ただ、ちょっとお金はかかりますけどね。大豆に比べて手間がかかない分と思えば大したことはありません。

スポンサードリンク

豆まきの豆の掃除~外編~

「鬼は外~」と言って外に豆を撒く際には注意が必要です。特にマンションなどの集合住宅にお住まいの方。外に撒くときには他の住人の迷惑にならないようにしなければいけないですし、掃除もせずそのままにしておくとトラブルになりかねません。撒く場所には十分注意して、しっかり掃除もしておいてくださいね。

外に撒いた後はすぐに掃除することが近隣トラブルを防ぐポイントとなりますが、すぐに掃除といっても暗いし、見えないからすべてを拾える訳ではないので他の方に迷惑にならないようであれば翌朝に拾えば大丈夫でしょう。雀や鳩が食べてくれる場合もあるのでそれで片付けが完了しちゃうこともあります。
もし、鳥が来そうもなければ箒ではいて拾っておくのが良いですね。

外の掃除は何かと面倒なので、小分けにされた豆をまくのが楽で良いですよ。

まとめ

豆まき自体は楽しいのですが、後片付けが面倒だからやらないとは言わずに豆まきを楽しんでくださいね(*´∀`*)
私は今年もお菓子をばら撒いて楽しみます♪それでは皆さんも楽しんでください(^-^)

スポンサードリンク

節分の豆が余ったらアレンジレシピで美味しく食べちゃおう!





スポンサードリンク

 - イベント ,