暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

初詣の着物に相応しい種類と柄は?

   

初詣は新年初めてのお出かけになる人も多いハズ!初詣にいくってだけでなんだかウキウキしちゃうこともあります(笑)
初詣のデートで、せっかくだから着物を着ていきたいですよね。でも、普段洋服なので、着物の知識も着物をどう着こなせばいいのかも着物の柄や種類についても全然知らないって人も結構いるのではないでしょうか?
私も初めて初詣に着物を着ていこうと決めた日、着物のことについて調べたことを覚えています。
ここでは、初詣に着ていきたい柄や種類について紹介していきたいと思います。
皆様のお役に立てたら幸いです。

  

初詣に着て行きたい着物の種類は?

着物には様々な種類そして、シュチュエーションによって着るものが違ってくるんですよね。

◆①訪問着

裾や肩から胸、袖にかけて綺麗な柄が入っていて、綺麗な着物です。
初詣はもちろん、結婚式やパーティーにも着ていけるので年に一度だけにならずおすすめです。また、未婚・既婚にかかわらず着れます。

◆色留袖

生地は黒以外で、裾に模様の入った着物です。
初詣はもちろん、婚礼などの礼装としても着ることが出来ます。

黒留袖だと既婚女性しか着ることが出来ませんが、色留袖は未婚女性でも着ることが出来る着物です。

◆紬

紬は普段着としての位置づけになり、ショッピングや食事など幅広く着ていくことができます。
もちろん、初詣にも着ていけます。ただし、正式な場所では着ることができないのでご注意ください。

◆小紋(こもん)

1番人気であり、初詣にもぴったりなお着物になります。小紋の位置づけとしてはちょっとしたお出かけ用になるため、紬と同様正式な場所へは着ていくことはできません。
小紋は小さな柄が全体的に入っているもので、生地は柔らかさがあり、動きやすいのが特徴です。

初詣の着物にふさわしい柄とは?

柄も様々ありますので迷ってしまいますよね。お正月ですので、おめでたい柄が良いと言われています。
おすすめの柄は、椿や松竹梅、干支、鶴、亀、宝船、扇などです。ですが、絶対この柄というルールがあるわけではないので、自分が気に入った柄や好きな柄をチョイスしてしたほうが思い出にはなると思います。

初詣の時期はとっても寒いと思うので、寒さ対策はしっかりおこなってくださいね。

まとめ

初詣は混雑が予想されており、動きやすさも重要かと思います。普段気慣れてない服装になるので尚の事です。
私がおすすめする着物は動きやすい小紋です。柄も全体に入っているので、おしゃれで可愛いです。ぜひ、自分のお気に入りの着物をみつけて、初詣に行ってみてください!!

着物はレンタルがおすすめです。

 - 季節もの ,