暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

梅雨の靴の手入れ方法!匂い対策や早く乾かすにはコレ!

      2017/03/13

梅雨の時期になると、雨が続いて気持ちが憂鬱になりますね。

しかも、雨に濡れて、気分はどんどん悪くなるばかり。

ところで、皆さんは、梅雨の時期の靴には何か対策していますか?

私は、いつもびしょびしょになってから、「あー対策をしておけばよかった!」と激しく後悔しているんです。

それで、今年は早めに対策をと思って、調べてきました。

スポンサードリンク
  

梅雨の靴は何故臭う?

梅雨の時期の靴って臭いことありますよね。

しかも、洗っても臭いが落とせなかったりして、他の人にも臭ってたら恥ずかしいし、印象悪くなっちゃうからなんとかしたいです。

・臭いが発生する理由

臭いの原因は雑菌の繁殖によるものです。雨の日というのは、塵や埃などが一緒に舞っています。
これらが靴につくと雑菌の繁殖の原因になります。
また、靴下で蒸れて汗をかいていたり、脂汚れなどにより雑菌が繁殖します。

その結果、くさ~い臭いを放つようになります。

・臭いを防ぐ方法

臭いがつくのを防ぐ方法を紹介します。

1.毎日同じ靴を履かない

 毎日同じ靴を履くと臭いを放つ原因になります。
 何足かをローテーションで使うことをおすすめします。

2.使った靴は、よく乾燥させる

 乾燥の方法は後述します。

3.中敷使う

 抗菌・防臭効果のあるものを使うと効果があります。

4.足を清潔にしておく

スポンサードリンク

 靴の臭いの原因となるのは、足が清潔でないことも関係してきます。
 気になるようでしたら薬用石鹸で足を洗うようにしましょう。

 

・臭いを取る方法

 対策をしていても臭ってしまうこともあります。

1.10円玉を入れておく

 一番手軽で簡単に出来る方法なので、おすすめです。

 銅には雑菌の繁殖を抑える効果があり、臭いを防ぐことができます。

2.コーヒーかすを使う
 コーヒーかすを乾燥させたものには、消臭と吸湿効果があるんだそうでうs。
 コーヒーを飲むならこの方法がいいかもしれませんね。

3.重曹

 何かと役立つ重曹。
 重曹には、消臭、吸湿効果があります。

 靴の中に重曹をいれておくだけで臭いがとれます。

梅雨の時期に濡れた靴を素早く乾かす方法

濡れた靴を乾かそうと思っていても、梅雨の時期は雨が続いてなかなか乾かすことができません。
中途半端に乾くと臭いの原因にもなるのでしっかり乾かしておきたいとところですね。

・新聞紙が良い!

新聞紙って結構湿気を吸い取ってくれますよね。
新聞紙をまるめたものを濡れた靴にいれておくと一晩でいい感じに乾きます。

・脱水をする方法

 洗濯機で脱水する方法もあります。

・ドライヤー

 ドライヤーは温度に注意が必要です。
 すぐに乾かすにはもってこいなんですが、熱風の影響で、靴底の接着剤が剥がれてしまったり、靴が変形してしまうこともあります。

梅雨の時期の靴には防水スプレーは効果的?

防水スプレーをかけることで、靴が濡れるのを遅らせる効果があります。
しかし、完全に防水という状態にはならないので、あくまで「遅らせる」だけという感じです。

また、汚れがつきにくくなるというメリットもあります。

使い方は簡単です。

靴から20~30cm程度離して、円を描くようにスプレーします。
万遍なくかけなくてはいけないので、1足ずつ丁寧にかけていきます。

スプレーの位置が近かったり、スプレーをかけすぎるとシミの原因になるので、適度にお願いします。

新しい靴を手に入れた必ずかけるようにしましょう。

洗ったり、2~3日すると落ちてしまうので、その都度スプレーするようにしてください。

まとめ

いかがだったでしょうか?
梅雨の時期の靴のお悩みが少しでも解決していただけたなら幸いです。

スポンサードリンク

梅雨はじとじとしているので、気分も最悪ですが、足元が綺麗だと気分がすっきりしてくると思います。
ぜひ、お試しください♪





スポンサードリンク

 - お悩み