暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

インフルエンザと風邪の違いや見分け方!同時になることも?

   

体調を崩すと心配になってくるのがインフルエンザですよね。インフルエンザになるとしんどいし、仕事や家事、育児に手が回らなくなり、大変ですよね。
でも、これって本当にインフルエンザ??もしかしたら風邪かも?とわからないときありますよね~。病院に行けばいいんでしょうけど、時間がなかったり、何かしらの理由でいけなかったりしますね。
ここではインフルか風邪かわからないよ~って人のために違いや見分け方、同時にかかることもあるというお話をしていきます。

スポンサードリンク

インフルエンザと風邪の違いは?

1.感染源の違い

風邪の場合は、普通感冒と呼び「細菌」や「ウイルス」によって感染し、発症します。
インフルエンザは、インフルエンザウイルスという全く別の病原体によって感染し、発症します。

2.症状の違い

風邪の場合は、鼻水やくしゃみ、咳など症状がメインで熱はそこまで激しく上がらないことが多く、このような症状が1週間以上続きます。
インフルエンザの場合は、熱で始まることが多く突然38℃~39℃の高熱が出て、頭痛や関節痛、倦怠感といった全身症状があらわれ、鼻水や咳、喉の痛みなどの症状があらわれてきます。インフルの症状の特徴は高熱と体の痛みです。

3.感染力の違い

風邪の場合は、接触感染ですので、手洗いで予防できたり、うつるリスクも少ないです。
インフルエンザの場合は、接触感染のほか、飛沫感染という同じ空気を吸うだけで感染することがあります。

4.重症化する

風邪ではそこまで重症化することはありませんが、インフルエンザだと高齢者や小さなお子さんなどは合併症を引き起こし、最悪の場合死に至ります。

風邪とインフルエンザの見分け方

違いの部分でお話したので、大体のことはわかってもらえたかと思いますが、それぞれを比べながら見分け方について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
風邪 インフルエンザ
流行時期 通年 主に冬に流行
症状の出方 喉や鼻 高熱、関節痛、倦怠感
症状の進行度 ゆるやか 急激
初期症状 微熱や鼻、喉 悪寒、高熱、倦怠感
発熱 37℃~38℃ 38℃~40℃
合併症 ほとんどなし 肺炎、インフルエンザ脳症
潜伏期間 1~3日 5~6日
原因となるウイルス 様々なウイルス インフルエンザウイルス
治るまで 3日~1週間程度 1週間以上

インフルエンザと風邪は同時に発症する?

インフルエンザと風邪は元となる病原菌が違うため同時に発症する可能性は十分にあります。ですが、ほとんどの場合、併発していることに気付きません。
というのもインフルエンザの症状が強く出てしまうため、風邪症状に気づくことができません。ですので、併発しようがしまいがインフルが強すぎてそれどころではないという感じですね。
もしかしたら、あたながインフルエンザにかかっているときに風邪にも感染していた可能性もありますね。

まとめ

初期症状では風邪なのかインフルエンザなのか判断が難しいところですが、高熱が続き、全身症状がある場合はインフルエンザを疑って早めに病院を受診しましょう。
早めの対応が早く病気を治すことにつながります。
お大事に~!!

スポンサードリンク

こちらもどうぞ!
インフルエンザの型の特徴とは?a型とb型はどう違うの?
インフルエンザの予防法は手洗いや食事、湿度も大切!
インフルエンザを予防する食べ物は?ヨーグルトが良いの?
インフルエンザの予防接種の効果はある?期間はどれくらい?





スポンサードリンク

 - 病気 , ,