暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

フライパンの焦げの落とし方~外側編~重曹で綺麗に?

   

日々フライパンを使っていると焦げついてきますよね。こまめに焦げを落としていればここまでひどくはならないと思うのですが、私はかなり放置していたので、焦げの層が出来上がっていました(;´Д`)
そんなフライパンの焦げが取れるのか?実際にやってみました。

うちのフライパンは小さいのと大きいのがあり、小さい方をよく使うので焦げ方も半端ない感じです。

小さい方
P1010964
焦げをズームでみると気持ち悪いΣ(゚д゚lll)
P1010969

大きい方
P1010971

とこんな感じです。

これを重曹で煮込んでいきます。

P1010974

煮込む時の重曹は水の時からいれてくださいね。沸騰してから入れるとお湯が飛んできます。

スポンサードリンク

大きめのフライパンや鍋があればそれでにればいいのですが、なければ大きめのゴミ袋にお湯と重曹をいれてその中にフライパンをいれれ大丈夫です。
P1010905※これはコンロを掃除した時のやつですが、ゴミ袋を使用してやっています。

お湯がグツグツしてきたらフライパンを投入して10分ほど煮込みます。

煮込み終わったら使用済みのクレジットカードやアルミホイルを丸めたもので焦げを落としていきます。

P1010975
少しこすったら焦げ取れました。
ピカピカになるのかも~って期待したのですが・・・

P1010978

結果は、う~んな感じでした(;´Д`)
写真でみると結構綺麗に見えますが、綺麗になったのはほんの一部です。

P1010979
ズームにするとよくわかりますよね。

大きい方も写真ではとても綺麗です。
P1010976

しかし、よくみると・・・
P1010977

といった感じです。

重曹はとっても優秀なんですが、私の普段の手入れがなっていないので、いくら優秀な重曹でもダメだったようです。
こうなったら買い替えるしかないのかな?って感じがしますが、一晩漬け込むことで落とせるようなんです。まだ実践してないので、絶対ではないのですが、今度フライパンを使わないで料理がある日に実践してみて結果をご報告したいと思います。

まとめ

スポンサードリンク

少しの焦げつきであれば重曹で簡単に落とせると思います。しかし、私のようにこびりつきまくっている状態だとかなり厳しいかもです。思い切って買い換えて、次からは焦げ付かせないようにしていく方が早いかもしれませんね。
フライパンの焦げを悪化させないようにするにはこまめに手入れをすることや放置しないことが重要になってきます。私もこれからはまめに手入れをしていこうと思います。





スポンサードリンク

 - 掃除 ,