暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

小石川後楽園の紅葉の混雑とライトアップ!まつりもあるよ♪

      2016/08/12

東京都内の紅葉スポットは沢山ありますよね。
小石川後楽園は、水戸徳川家ゆかりの庭園で、水戸黄門が完成させた歴史のある園庭です。7万平方m以上の広大な園内では「山・川・田園・湖」の景色を楽しむことがでるので、そういった景色を楽しみながらの紅葉ってのも風情があって非常に人気が高いです。

小石川後楽園の紅葉についてご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

混雑具合はどうなの?

小石川後楽園の紅葉が見頃を迎えるのは、11月下旬~12月上旬頃です。ただ、地球温暖化により年々紅葉の時期が遅れていることもあり、11月下旬でも紅くなっていなかったシーズンもあります。温かい年は紅葉も遅れるので、ご注意下さい。

肝心の混雑具合のお話ですが、ほかの紅葉スポットに比べて広さも十分にあるためか混雑はそこまで酷くならないようです。ただ、出入り口は混雑するので、そこだけ気をつけていれば問題ないです。と言っても平日であればほぼ混雑はありませんので、あまり心配ないと思って大丈夫でしょう。

ポイント!紅葉の撮影ポイントのすゝめ

☆通天橋付近
園庭内ある赤い綺麗な橋と紅葉のコラボレーションが人気で、ここはおすすめ撮影ポイントです。

☆大堰川付近
京都の嵐山に流れる川を再現しています。川と綺麗な紅葉とのコラボレーションが綺麗なスポットです。こちらも撮影ポイントとしておすすめ。

ライトアップが見たいけど・・・

紅葉の時期のライトアップを楽しみにしている人もいらっしゃるかと思いますが、小石川後楽園の開園時間が9時~17時までとなっているので、ライトアップも実施されません。

昼間の紅葉を楽しんで、夜は六義園での紅葉を楽しむという方法もありますよ。六義園ではライトアップも実施されています。
同じ文京区であり、地下鉄南北線一本で移動できるため紅葉のはしごも可能ですよ。移動時間は大体40分ほどです。
または、文京区内を走るコミュニティバス(Bーグル)があるのでこちらを利用しても良いかもしれません。こちらは、小石川後楽園と六義園の両方の門の前から出ているので、移動が楽々です。利用料金も1回の乗車で大人・子供ともに100円です。
詳しくは文京区HP

六義園の詳しい情報はこちら


スポンサードリンク

後楽園のお祭りってどんな感じ?

小石川後楽園の紅葉祭りは、水戸黄門様にちなんだイベントが開催されるようです。

1.黄門様お出迎え
 黄門様御一行が登場して、写真撮影ができます。

2.江戸太神楽
 江戸時代の伝統芸能で、様々な曲芸を楽しめます。

3.江戸糸あやつり人形
 指につないだ糸で人形をあやつります。

4.佃川流 大江戸玉すだれ
 南京玉すだれに独自のアイディアを取り入れた玉すだれ芸を楽しめます。

5.江戸紙切り
 動物やキャラクターなどの形をはさみを使って切っていきます。

6.茶会
 抹茶が頂けます。

7.園庭ガイド
8.植木市
9.水戸の名産品や軽飲食の販売

まとめ

小石川後楽園での日本の山・川・田・湖を感じてみてはいかがでしょうか?

後楽園での紅葉を楽しんだあとは六義園に行って夜の紅葉も楽しんでくださいね。

スポンサードリンク

六義園の紅葉の見頃はいつ?混雑する?ランチするなら?
明治神宮の紅葉の見ごろは?祭りもあるよ♪カフェもおすすめ!





スポンサードリンク

 - イベント ,