暮らしのための情報をお届け

Just another WordPress site

体を冷やす飲み物と温める飲み物とは?

   

冬の寒い時期にはどうやって寒さ対策されていますか?
暖房やストーブをつけて暖を取っている方もいらっしゃるかと思いますが、体表面は温まるものの体の中は冷え切ったままなんてことありませんか?
私よくあるんですよ。お腹触ってみると、ひんやりしていて、体の中は冷えているってわかります。体が冷えていてはどんなに温かいところにいても寒いままなので、体を温めることが必要だと思います。

そこで体を冷やす飲み物・温める飲み物の紹介をしていきたと思います。

スポンサードリンク
  

温かい飲み物でも体を冷やす?

温かい飲み物であれば体を温めることが出来るんじゃないか?と思って間違った飲み物をチョイスしてしまっていることがあります。
体を冷やす飲み物は以下のものになります。

・コーヒーや緑茶
 コーヒーや緑茶は一見、ホットにすれば体が温まるんじゃないの?と思われがちです。確かに一時的には体を温めますが、緑茶やコーヒーには利尿作用があり、排尿と同時に体温もさげてしまうので、体を冷やしてしまいます。
・牛乳
・ジュース
・白ワイン
・ビール
 ビールはキンキン冷やすのが美味しいので、かなり冷やされています。アルコールの働きで体は一時的に温まりますが、体を冷やす結果になります。
・ウイスキー
・焼酎

などなど。

ホットコーヒーを朝に一杯飲んでいる方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
私も寒い時期にはよくホットコーヒーを飲んでいました。体を温めているというか温まったという感覚があったからです。しかし、実は逆効果だったんです。

体を冷やす飲み物を見分ける方法があります。

1.色の薄いもの
 白ワインは体を冷やしますが、赤ワインには体を温める効果があります。
2.暑い国で収穫されたものを使っているもの
 コーヒーは色が黒いですが、産地は暑いところだから冷やす方に分類されます。また、バナナやパイン、マンゴーなどの南国のフルーツを使ったジュースも体を冷やすと言われています。
3.発酵しているお茶
 発酵が弱い緑茶や発酵していない麦茶などは体を冷やします。

スポンサードリンク

※これらに分類されるから絶対という訳ではなく例外も存在します。

体を温める飲み物は?

体を温めるものを見分けるには冷やすものとは逆のものをチョイスすれば良いんです。

1.色が濃いもの
 色が濃いものは発酵されているので、体を温めます。その代表が赤ワインです。
2.寒い国で収穫されたもの
 寒い国で育ったものは寒さに耐える力があるためです。
3.発酵されているもの
 発酵されているお茶(紅茶・ウーロン茶)は血液をサラサラにし、血流がよくなり、体が温まります。

温めるのに良い飲み物は

・ウーロン茶 
・プーアル茶
・葛湯
 血行を良くし、体を温めることができます。
・ココア
 血行を良くして体リラックスさせる効果もあるので、寝る前に飲むと質の高い睡眠が取れます。
・日本酒
・赤ワイン
・しょうが紅茶
 しょうがパワーについて

おすすめはしょうが紅茶

しょうがは体を温める食材と言われ、皆さんの中にも積極的に取り入れている方もいらっしゃるんではないでしょうか?
しょうがに含まれるショウガオールには体を温める作用があり、それを紅茶に入れることで紅茶の体を温めるパワーと生姜の体を温めるパワーで最強の体を温める飲み物となります。
また、しょうが紅茶には、風邪予防や改善、咳や喉の痛みを改善する効果もあります。冬の時期は体調を崩しやすいので、寒さ対策と一緒に風邪予防も出来るのはありがたいですね。
さらに、ダイエット効果があるので、女性にとっては嬉しい飲み物です。

しょうが紅茶のつくり方

材料

・しょうが 粉末のもの
・紅茶
・お湯

つくり方

1.沸騰したお湯を準備します。
2.しょうがと紅茶を入れ、お湯を入れます。

はちみつや砂糖を入れれば飲みやすくなりますし、はちみつには殺菌作用もあるので風邪予防にも効果がありおすすめです。

まとめ

スポンサードリンク

飲み物はホットにすればなんでも温まるという訳ではなく、体を温める効果のある飲み物をチョイスするようにしましょう。
今年の冬は体の中から温まって乗り気ましょう。





スポンサードリンク

 - 季節もの ,